<トップページ>ご案内&鉄道系TV&お店情報

■「欧州鉄道模型アンテナ」 ヨーロッパの鉄道模型に関する皆様のサイトの最新更新情報をお伝えします。
 ・「欧州鉄道模型アンテナ  日本語サイトが対象
 ・「Euro-Modelleisenbahn Antenne ヨーロッパサイトが対象

欧州鉄道模型店関連情報首都圏店舗一覧 、イベント等 詳細はリンク先をご参照願います。
<19/7/18更新>

・エルマートレイン サマーセール2019 (PART1)
~8/15

■直近1週間の鉄道系TV(BSデジタル)

→キーワード検索【鉄道、列車、SL、電車、特急、模型
 その中で気になる番組<19/8/18更新> 

Japan Railway Journal「大阪唯一の路面電車 阪堺電気軌道」
8/21 (水) 4:30 ~ 4:59 (29分) NHK BS1(Ch.1)

 

■直近1週間の鉄道系TV(地デジ)

→キーワード検索【鉄道、列車、SL、電車、特急、模型※ご自宅の地域に合わせてから見てください
その中で気になる番組(参考で東京)<19/8/18更新>

世界の車窓から「オランダ・ベルギー・ルクセンブルク~春のベネルクス3カ国の旅
 月・火  23:15 ~ 23:20 (5分)テレビ朝日(Ch.5)


■参考情報:「欧州列車編成

ヨーロッパ型鉄道模型を始める際に役立ちそうな情報リンク集

2019年新製品情報リンク (過去:2012年)

2019年7月24日 (水)

百均セリアの「メイクブラシスタンド」を改造して片手で筆の取り出しができるようにする

Mb001

またも、百均ネタですが、模型作業中に一時的に筆を置くものとしてよいのが無いかネットを探していたところセリアの「メイクブラシスタンド」というものがプラモデル・模型工作の筆置きとして使えるというので早速入手しました。

Mb01

Mb02

Mb03

大小さまざまな形をした穴があり柔らかいシリコン状(熱可塑性エラストマーとのこと)なので、筆を少し小さめの穴に挟むことで固定します。

Mb04

製品の説明に書いてある通り、作業中に上向きに刺すことも、筆を乾燥させる時に下向きに固定して刺すこともできます。

これは便利と思ったのですが、作業中に使おうとしたときに、筆を挟む形で固定しているので、筆を片手で取ろうとするとスタンド毎持ち上がってしまいます。取るにはスタンドを押さえながら取る必要があり、作業中のストレスになるなと思いました。

Mb05

 

(なお挟まないように大きめの穴に筆を刺すと、地面についた部分がフリー状態のため筆が斜めに傾いてしまう)

そこで、対策として

(a)筆を乾燥させる場合は、製品の通り筆を挟んで固定

(b)作業中の使用は、筆を挟まないように大きめの穴に刺すが、下部分に格子上のものを置いて筆が斜めにならないようにする

という方式を考えました。

(b)にするには下に格子状のものを置く必要がありますが、「メイクブラシスタンド」を真っ二つにして、半分を下の格子として使うことにしました(自分の場合は同時に筆をたくさん刺すこともないだろから半分でも足りるだろうという目論見)。


【改造方法】

(1)「メイクブラシスタンド」をプラ用のこぎりで真っ二つにします。

  なお、シリコン状の部分が切断によって動かないようにセロテープをぐるっと貼って仮止めしておきます。

Mb06

Mb07

(2)先ほどの仮止めしたセロテープをはがします。そうすると白い筐体とグレーのシリコン状の部分が離れてしまうので何かしらで固定します(接着剤はなかなかくっつかなかったので両面テープがいいかもしれません)。

Mb07_1

(3)次に真っ二つにしたスタンドの片方の足を外して、反対の向きに取付なおします。

Mb08

Mb09

(4)次に写真のように「反対にした方を上」「元の方を下」にして足を合わせセロテープでぐるぐる巻きにして固定します。
  ※この向きに結合すると、上と下の穴の位置が同じになり筆を刺しやすくなります。

Mb10

Mb11

(5)これで、(b)の挟まないように筆を置いても下の穴に刺さるので斜めにならずに置くことができるようになりました。

Mb12

左:(b)の大きい穴に筆を入れて下の穴部分まで届いて置いた状態

右:乾燥させるために筆を下向きに挟んで固定し浮かせた状態

 

(6)さらに筆を刺した状態でスタンドを持ち上げて移動できるように、下の面に板状のものを貼り付けました(とりあえずコルクシートをセロテープで固定)

Mb13

(7)なお、たたむとこんな感じ

Mb19

**********************

副次的なこととして半分になったことで、コンパクトになり机上を広く使えます。

なお元サイズの筆置きが必要な場合は、2個買って上下に組み合わせればできそうです。

**********************
<トップページ>ご案内&鉄道系TV&お店情報
欧州鉄道模型アンテナ(各サイトの更新情報)
ヨーロッパ型鉄道模型を始める際に役立ちそうな情報リンク集

 

2019年7月17日 (水)

百均セリアの「タワーペンスタンド」を模型工具入れに使う

T09_1

今まで、模型で使う工具類は箱等に入れてしまっていたのですが、鉄道模型で遊んでいてちょっと修理とか加工しようかなと思ったときに、必要な工具がすぐに出せる状況でない場合は「また今度にすればいいや」と後回しにしてしまい結局やらないまま過ぎてしまうということが多かったです。

このままでは良くないと思い、よく使う工具とかはすぐに使える場所に置こうと考え机上の工具置き場としていいのが無いかネットを調べると、

G-Partsの「卓上ツールボックス2(木製)」がニッパーも歯が隠れるように置けて良さそうだなと思ったのですが、人気商品らしく常に売り切れ状態。

T10

その他のネット記事を探していると、百均セリアの「タワーペンスタンド」という斜めにペンなどを置くスタンドを模型工具入れに使用している事例を見つけ早速入手しました。

T01

縦にも横にも置ける仕様で、ペンや筆、カッターやニッパー類も置けそうで2、3個買って並べれば色々置けるなと思いましたが一点気になるところが。

T02

細い筆などを入れると仕切りの下の方にごちゃごちゃと集まり、代わりに上に空間ができてしまい整理面でいまいちだなと思いました。

そこで、仕切りを追加して空間をうまく使えるように工作しました。

T03

使うのはダイソーの「切って使える仕切り版 6㎝」です。この板を格子状に組んでタワーペンスタンドの仕切りとして入れます。

T05

この仕切り板を切って3.5個分×2枚 と 3個分×2枚を用意します(一空間の仕切り分)。

T04

間のつながった部分はハサミで切断できますが、3.5個分の0.5部分はカッター等で切断します。

(なお、切断した際の出っ張りですがこの時点ではきれいにせずそのままにしておきます。
 タワーペンスタンドと仕切り版は接着などせずにはめ込み圧入するため多少でも長めにしておく)

T06

用意した4枚の仕切り板を、格子状に組みます。「斜めのAパターン」と「水平のBパターン」がはめ込むことができるのが分かりましたので、好みで組んでください。

T07

組んだ仕切り板をタワーペンスタンドの空間にはめ込みます。この時まだ仕切り板が窮屈ではまらないと思いますので、仕切り板が固定されるぐらいに切断面の出っ張り等を少し削って(自分はカッターで削いだ)はめ込んでください。接着しないので何回でもやり直せます。

T08

また、尖った工具を入れたときを考慮して、空間の底面にクッションとなる百均のカラーボード(スチレンボード)を入れてみました。これもはめ込みで接着してません。

T09_1

こうしてできたものに工具を入れた様子です。

右側が、仕切り板を入れたものです。入れたい物の大きさにあわせ仕切り板を適当に間引いてもいいです。

なお、一番下の空間は、他の空間と比べ奥行が無いので、仕切り板は難しいです(水平のBパターンならはめ込み固定できなくはないが)

T09_2

横に置いた例です。

入れる器はできたので、工具を整理して入れていこうと思います。

 

2019年7月12日 (金)

プラ車体を開けるのにダイソーのミニマドラーが便利

Mad03

HOゲージ、Nゲージ、Zゲージ等の鉄道模型のプラ製車両は、車体と床下・屋根などを爪でで引っ掛けて固定しているタイプが多いです。

車両を分解する場合はプラ車体の何か所かを同時に広げ爪を外して分解することができます。

今まで、この広げる作業に爪楊枝などを差し込んで開けていましたがいくつか不満がありました。

<爪楊枝>
・いじくっているうちに先端が折れたりする
・円錐状なので、一か所目に爪楊枝を差して、二か所目を広げたら一か所目の場所も少し広がるので爪楊枝が転がってずれてしまった

<マイナスドライバー>
・硬いのでプラ車体側を傷つけてしまう可能性がある
・小さいドライバーを何本も持っていない

という感じだったので

・薄く平らでくさび状のもの
・プラ車体をできるだけ傷つけないほどほどの硬さのもの
・何本もあるもの

というので良いのが無いか探していました。

そして百均のダイソーで「ミニマドラー」というポリエチレン製の適したものを見つけました。

カップの中身をかき混ぜるものですが、先端の方が薄く平らでくさび状になっておりここを使います。

Mad04 Mad05

<1>車体と床下を開けるパターン

プラ車体の裾の部分に爪があって床下を固定しているタイプの開け方です。

車体裾の何か所かに爪があるので、隙間からその爪がある付近にミニマドラーを差して同時に爪が外れる状態にして

床下を外します。

Mad03

床下側の爪がミニマドラーで広げたことにより外れる

Mad09

 

 

<2>車体と屋根を外すパターン

プラ車体と屋根部分が爪で固定しているタイプがあります。

これは先ほどの床下のタイプと比べ、屋根と車体はほとんど隙間が無いのでミニマドラーも少し加工します。

ミニマドラーの先端を、やすりで削って尖らせます。(奥側が尖らせたもの)

Mad06

 

車端部の屋根と車体を少し広げて、尖らせたミニマドラーを差し込み、ここをきっかけに爪があるところに複数本差し込んで開けていきます。

無理に差し込んだりこじったりするとプラ車体に傷がつくので慎重に。

Mad01

 

尖らせたりしたので先端が曲がったりすることもありますが、何本も入っているのでその場合は新しいミニマドラーに変えましょう。

**********************
<トップページ>ご案内&鉄道系TV&お店情報
欧州鉄道模型アンテナ
ヨーロッパ型鉄道模型を始める際に役立ちそうな情報リンク集




2019年6月16日 (日)

「パパゲ珈琲店」欧州型レイアウトが見れる喫茶店

ネットで欧州レイアウトがある喫茶店という情報が見つかりました。

訪問記事:【列車が走るカフェ!?】十条の「パパゲ珈琲店」はこだわり全開のおしゃれ喫茶店でした!

訪問記事の写真を見るとすごい量の車両が並んでますね。

 

「パパゲ珈琲店」 アクセス JR埼京線十条駅下車徒歩5分|JR京浜東北線東十条駅下車北口徒歩5分

 土日のみオープン


ホームページ ツイッター

Ppg_1

**********************

関連記事

Q:ヨーロッパの鉄道模型が展示されていたり見たりすることができる場所はありますか?

«模型の補修にピットマルチ2活躍(粘着剤による固定)

無料ブログはココログ