« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月25日 (月)

[TV]世界の車窓から「春のドイツ東部を鉄道で巡る旅」

地デジの方ですが、TV朝日系の”世界の車窓から”で「春のドイツ東部を鉄道で巡る旅」編が始まっていました。

春のドイツ東部を鉄道で巡る旅
 2011年7月18日~2011年10月2日放送予定

2011年7月24日 (日)

「へうげもの」を見て

2011年4月からNHKBSプレミアムで「へうげもの」(”ひょうげもの”と発音)というアニメを放送している。
へうげもの
毎週木曜日午後11時(再放送 月曜日<日曜日深夜>午前1時)

戦国乱世に茶の湯と物欲に魂を奪われた「古田左介(織部)」が主人公の物語だが、茶器をめぐる話は鉄道模型やっていると色々と心当たりが・・・

古田「選びたい・・・選び抜きたい。・・・しかしそんな余裕など無い。となれば俺を導くのは・・・
→お店に行って色々制限があるとき。「もうすぐ閉店間近・・・」「どちらもほしい。が2つ買うお金は無い・・・」など

古田「不思議よのう。我が蒐集物の中で足軽ほどに過ぎぬ物が今は太政大臣の風格すら漂って見える。継ぎ目の味わいがなんとも渋い
→今まで興味が無かった部門に目覚めてしまったとき。「今まで興味が無かった戦前車両の渋さに目覚めてしまった」「**国縛りだったのに東欧の車両に手を出してしまった」など

千宗易「一見同じに見える物の中にも異なる形(なり)があるのです
→基本的に同じ車体でもロゴやベンチレータなどパーツの小さな違いに気づいてしまい、それらも集めないと気がすまなくなってしまう

秀吉「まだまだ名物に未練があるようだな~
→色々な時代や国の車両に手を広げすぎると収拾がつかなくなるので「**縛り」ということで国や時代を絞ったのだが、良い物を見てしまうとそれを破って購入してしまう

・・・自戒の意味も込めて最後まで見よう。

メルクリン日本向け広告貨車

メルクリンショップ「ラインゴルト東京」およびAkiraさんのブログで紹介がありました、「がんばろう!日本 貨車」(メルクリン 4415.540)を購入しました。

Dsc_00372

写真の写りが今一で表現しきれてないですが、鮮やかな黄色と黒の対比がきれいな貨車です。お店に同一車体で黒いビール貨車(通常販売のもの)もおいてありましたがそれと並べても合うかもしれません。

 メルクリンの日本向けの広告貨車は20数年ぶりとお店の方もおっしゃってたので、以前中古で入手したものを引っ張り出してきました。

Adsc_0039

Adsc_0040_2

Adsc_0041_3

当時の日本代理店である不二商が企画した日本ビール車シリーズで1000両(もしくは1000セット?)作成されたようです。「シリーズ2」との記載があるので「1」もあるのでしょうか?
内容は「SUNTORY生BEER」「SAPPORO BEER」「KIRIN DRAFT BEER」の3両構成となっています。

「不二商版」と「ラインゴルト東京版」は基本同じ車体なのですが、時代を経て改善したためか微妙に成型に違いがありました。

Adsc_0052Adsc_0051

Adsc_0053Adsc_0054

左上:ベンチレータの表現
右上:妻面右上の突起
下:車体下部台枠の表現

また「不二商版」は白色部分が未塗装(プラ成型色のまま)なので、全塗装している「ラインゴルト東京版」の方が質感がよくなっています。

Adsc_0035_2

2011年7月 8日 (金)

[TV]BSジャパン「ドイツ鉄道の旅」が始まります

BSジャパンで2011年7月7日より「ドイツ鉄道の旅」(全13回。毎週木曜22:30)が始まるとのこと。楽しみです。

<7/8追記>全13回の内容がホームページで明らかになってました。「CNL」(シティナイトライン)や「東西に分割された時代」など興味が沸く内容ですね。


<トップページ>ご案内& 直近1週間の 鉄道系TV&お店情報 へ

2011年7月 3日 (日)

模型的紹介[DVD]Carl Bellingrodts Film-Schatze

メルクリンで毎年「Carl Bellingrodt Edition」としてEPII~IIIの車両が展示ケース付で限定ものとして発表されているのですが、「Carl Bellingrodt」って何でしょうか?と思ってました。調べてみると戦前からの有名なドイツの鉄道写真家でした。メルクリンはこの人が撮影した写真に合わせた限定No機を出していたのでした(例BR45)。

で最近「Carl Bellingrodts Film-Schatze」というDVDを入手しました。カールさんが撮影した映像をDVD化したようです(ご本人の自映像(若い時と晩年)もありました。ひょろっとしたインテリな方です)。
EP2(白黒):S3/6(まだデフがついていない時代)、列車の後補機として働くBR96など
EP3(カラー):制御客車を先頭にして走るSL列車(数パターン)、BR10(バックで列車牽引する珍しいシーン有り)、その他当時の列車多数)

※この手のDVDは欧州系鉄道模型を扱っているお店に注文すれば取り寄せてくれると思います。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

無料ブログはココログ