« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月 9日 (土)

レイアウトをいじっているよう

こんな雰囲気のレイアウト作れたらと思ってしまいます。


RÉSEAU FERRÉ DE FRANCE(フランス鉄道線路事業公社)のCM映像だそうです。
紹介&メイキング記事

2012年6月 6日 (水)

ヨーロッパのOゲージについて

モデルバーンさんのところにMTH製のOゲージ車両入荷の情報が出ており既に入手された方もいらっしゃるようです。値段的にもHOと比べて大きさの割りに低めの値段ではないでしょうか。
MTH Oゲージ S3/6 DCCサウンド 156,450円
MTH Oゲージ オリエント急行5輌set 荷物+寝台3+プルマン 室内灯付き68,775円

ヨーロッパのOゲージ(ゲージ32mm)は10年ぐらい前までは量産製品がほとんど無く、精密ブラス製品が主流と思っていましたが徐々に量産製品を作るメーカーが増えているようです。ちょっと調べてみました。
※Oゲージのスケールはヨーロッパ1/45、アメリカ1/48が主流のようです。
※ヨーロッパ本土(ドイツなど)は"O(オー)"では無く"0(ゼロ,ドイツ語でヌル)"です。
ちなみに同じく"HO(エッチオー)"ではなく"H0(エッチゼロ,ドイツ語でハーヌル")です。

【メーカー】
■Lenz:DCC関連で有名なドイツのメーカーですが、Oゲージ製品も出しています。
・車両はドイツ系の機関車・客車・貨車を製品化。
・線路も出しています。曲線半径914mmから
参考1

MTH(ヨーロッパではBUSHが代理店):アメリカのOゲージ(ライオネルなどのトイトレイン系)からスタートしているメーカー。昔からロッドの動きに合わせたサウンド・発煙する製品を出していたので演出面の技術はヨーロッパより進んでいると思います。
・最近ヨーロッパ型にも進出しており、S3/6、SBBクロコダイル、ワゴンリ客車のオリエント急行など王道のラインナップが魅力的です。
・また制御(DCC互換)、カプラー(Lenz互換)など他社との互換も考慮しているようです。
・通過曲線は「S3/6:半径1016mm」「SBBクロコダイル:半径787mm」「ワゴンリ客車:半径1067mm」
※上記は2線式のリアルなフランジの場合。アメリカMTHのカタログにある3線式Oゲージ(ハイフランジ版製品)だと「S3/6は半径686mm(”O-54”=直径54インチ=直径1371mm)」

Brawa :2012年に貨車を出しました。

Kiss Modellbahnen :1番ゲージが有名ですがOゲージも出しています。
・車両はドイツ系の機関車・客車・貨車を製品化。
・通過曲線は「BR01.10:半径800mm」

ETS :チェコのメーカーでちょっと珍しいブリキ製の車両を出している。
・車両のディティールはよく見るとトイっぽいが独特の味がある
・車輪・集電方式はいろいろバリエーション製品が出ており基本の2線式アナログから3線式ACなどから選ぶことになる。
・線路も出している。面白いのが2軸トラムウェイ用の石畳線路でNゲージ並みの半径170mm曲線、ポイントが用意されている。
・通過曲線は「2軸トラムウェイ:半径170(mm)」「小型機関車:半径340(mm)」「大型機関車:半径630(mm)」
・モーターユニットも販売しているので車両を自作するのもあり

【参考情報】
Spur Null Magazin :ドイツのOゲージサイト。製品情報や工作記事など。
metropolitrain :今までのOゲージ製品を出していたメーカーをまとめたサイト(HO主流になる前はLimaやRvarossiからOゲージが出ていました)。
クマタ貿易 :中古・委託の中に、アメリカ・ヨーロッパのOゲージもありLimaやRivarossi製の古いプラ製品を見たことがあります。(なおブラス製の新製品のOゲージ、OJゲージも扱っています)
トラムウェイ :ETSの車両・線路を販売。
O Scale Trains Magazine Online :番外でアメリカのO Scale(1/48)の情報サイト。過去の記事がPDFで読める。
はぐるまや模型店 :番外で3線式Oゲージ専門店。アメリカのLionelなどのトイトレインを主に扱っている。



古いlimaのOゲージ製品の動画を集めたyoutube再生リスト


イベントの様子



Oゲージ紹介番組

2012年6月 3日 (日)

ISSUU(文書共有サービス)における海外の模型関係書籍

以前、各メーカーの新製品情報リンクの記事を書いた際に、いくつかのカタログは「ISSUU」という文書共有サービス上に公開されていました。このサービスはPDFファイルを画面上でめくって見れるようになっており、わざわざダウンロードしなくても見れるというものです。またブログ等にも埋め込みできるようになっています。
・ISSUU使い方紹介
・その他の文書共有サービス記事
残念ながらISSUUはipad等のios系ではフルスクリーン表示できなさそうです
(2013/4/14時点でipadで見たところISSUUのページで見ればフルスクリーン・拡大縮小表示可能でした。ブログの埋め込みは表示されませんでした。)

このISSUUの公開文書の中には日本ではなかなか見ることができない海外の鉄道模型やAFV、飛行機、艦船等のプラモデル、車(スロットカーも)などの模型に関する資料もありましたので以下に紹介します。
※これ以外にも色々あるので画面上部の"serch ISSUU"にキーワードを入れて探してみてください。

【鉄道関係】
Model Railroad Hobbyist magazine
・アメリカのオンライン鉄道模型雑誌(ホームページ)。車両の加工やウェザリング塗装、レイアウト作成記事など満載。



Revista TREN
・スペインの鉄道実物および模型のオンライン雑誌(ホームページ)。


via libre
・スペインの鉄道実物に関する雑誌。1960年頃から現在までの膨大な冊子があります。


Maquetren preview
 ・スペインの鉄道実物および模型雑誌のプレビュー画面。スペインの鉄道(RENFE)の情報はタルゴやAVEといった有名どころ以外はあまり日本では知られていないので上記冊子含め参考になると思います。

Banen On-line
 ・デンマークの鉄道
(DSB等)の実物および模型のオンライン雑誌(ホームページ)。以外とDSBの模型もheljan等から製品化されいているのが分かります。なお過去分は2ヶ月すると消すようなので見忘れに注意。
Mosebanen
 ・デンマークの鉄道模型雑誌。
Rail Magazine
 ・オランダの鉄道関係雑誌のプレビュー版。
Objectif Rail
 ・フランスの鉄道関係雑誌のプレビュー版。
EISENBAHNMUSEUM DARMSTADT-KRANICHSTEIN
 ・ドイツの鉄道ミュージアムの写真集。
ANNUAL REPORT AND ACCOUNTS
 ・イギリスの鉄道関連建造物の冊子。
Modelling Inspiration
 ・イギリスの鉄道模型雑誌(ホームページRM Web。右欄”Links to Modelling Inspiration”の下に
Issue 1、2・・・とある)
”)。
TLC
 ・イギリスの保存ナローゲージの雑誌。


The Heritage Railway Association Group Travel Guide
 ・イギリス保存鉄道ガイド。
Die Bündner Kulturbahn
 ・スイスのRhb(レイティッシュバーン)関連の冊子。
TRAINFEST EXPRESS
 ・アメリカの鉄道模型イベント情報誌?
3Leiter Magazin
 ・ドイツの鉄道模型誌

【AFV、艦船、飛行機、車等模型関連】
M-Hobby
 ・ロシアの模型雑誌。AFV、飛行機、艦船、車、ヒストリカルフィギュアなどプラスチックモデルから木製まで満遍なく。掲載内容はソ連・ロシア物中心というわけではなく全世界の模型を扱っています。最近日本でも注目されているプラモデルメーカーのズベズダ(Zvezda)の広告などもあり、これを見るとロシアの模型業界はかなり活発のようです。
※古いものからISSUU上から削除されるようです。ホームページから速度制限ダウンロードは可能な模様。
 
Моделист-конструктор
 ・ソ連・ロシア版の「科学と模型」?車、飛行機、鉄道、戦車、艦船などの図面や写真、および工作のイラストが載っており、がんばって自作してくださいという雰囲気です。1960年頃から現代まであり、冷戦の壁の向こう側(共産圏)でも模型を作って楽しんでいたんだ、というソ連の模型史を知ることができる貴重な資料群です(古いものでしょうが戦車、潜水艦、装甲列車など軍事関連の図面も結構オープンになっていたのも驚き)。
plastic battle
 ・トルコ?の模型雑誌。
El Ejército Alemán en la Segunda Guerra Mundial
 ・第2次大戦のドイツに関する模型作例。
warbook.ru
 ・ロシアのAFV関係の書籍か。主に第2次大戦を中心に各国の戦車、軍用列車、軍装など色々なテーマが書籍されたものでかなり多くの写真が掲載。
worldofwar
 ・これもロシアのAFV関係。第2次大戦の戦車解説。
Russian Federation
 ・ロシア。AFV。
Maksim Bagrincev
 ・ロシア。戦車ゲームの冊子のようだが実物の写真もそれなりい掲載されている。
Tiamat2013
 ・ドイツ AFV写真集。
world war ii afvs and self propelled arttillery
 ・第2次大戦のAFVに関する写真集。
Armour in Profile
 ・図鑑的な資料(AFV)。
Hobby.dn.ua Hobby.dn.ua
 ・Revell等のプラモデルの説明書(700点以上)。迷彩塗装パターン指示などが参考になるか?
El Barón Rojo
 ・第1次大戦での撃墜王「レッドバロン」に関する資料。
WORLD WAR I Infantary
 ・第1次大戦での各国の兵隊の軍装をカラーで紹介。
Gun Camera World War II
 ・第2次大戦での戦闘機による空中戦の写真集。
Russian Weapons Catalog
 ・現代のロシア軍兵器のカタログ。戦車から拳銃まで。
ejercitos
 ・現代の陸海空軍の情報誌。
Арсенал
 ・現代のロシア陸海空軍の情報誌。
fox2magazine
 ・現用戦闘機の実物情報誌。
Civil War Catalog
 ・アメリカ南北戦争時の銃・剣等のカタログ。
Wargames Journal
 ・ウォーゲーム(ボードゲーム)の雑誌(駒としてヒストリカルフィギアなど紹介)
Time of War
 ・ウォーゲーム(ボードゲーム)の雑誌。駒の戦車やフィギアの塗装などの記事あり。
Fan Fig
 ・ファンタジー系のフィギアの雑誌。
MODEL FACTORY 43
 ・車関係の模型雑誌。


mas slot
 ・スロットカーモデルの雑誌。
MSB Journal
 ・木製艦船の模型雑誌。
Shipwright
 ・木製艦船の模型冊子。
elsnorkel.com'documants
 ・潜水艦に関する実物から模型作成まで各種資料。
Model Airplane News
 ・ラジコン飛行機の雑誌。

RAILBRICKS
 ・レゴによる鉄道模型雑誌。
hispabrickmagazine
 ・レゴによる各種模型雑誌。
BrickJournal
 ・レゴによる各種模型雑誌。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

無料ブログはココログ