« ISSUU(文書共有サービス)における海外の模型関係書籍 | トップページ | レイアウトをいじっているよう »

2012年6月 6日 (水)

ヨーロッパのOゲージについて

モデルバーンさんのところにMTH製のOゲージ車両入荷の情報が出ており既に入手された方もいらっしゃるようです。値段的にもHOと比べて大きさの割りに低めの値段ではないでしょうか。
MTH Oゲージ S3/6 DCCサウンド 156,450円
MTH Oゲージ オリエント急行5輌set 荷物+寝台3+プルマン 室内灯付き68,775円

ヨーロッパのOゲージ(ゲージ32mm)は10年ぐらい前までは量産製品がほとんど無く、精密ブラス製品が主流と思っていましたが徐々に量産製品を作るメーカーが増えているようです。ちょっと調べてみました。
※Oゲージのスケールはヨーロッパ1/45、アメリカ1/48が主流のようです。
※ヨーロッパ本土(ドイツなど)は"O(オー)"では無く"0(ゼロ,ドイツ語でヌル)"です。
ちなみに同じく"HO(エッチオー)"ではなく"H0(エッチゼロ,ドイツ語でハーヌル")です。

【メーカー】
■Lenz:DCC関連で有名なドイツのメーカーですが、Oゲージ製品も出しています。
・車両はドイツ系の機関車・客車・貨車を製品化。
・線路も出しています。曲線半径914mmから
参考1

MTH(ヨーロッパではBUSHが代理店):アメリカのOゲージ(ライオネルなどのトイトレイン系)からスタートしているメーカー。昔からロッドの動きに合わせたサウンド・発煙する製品を出していたので演出面の技術はヨーロッパより進んでいると思います。
・最近ヨーロッパ型にも進出しており、S3/6、SBBクロコダイル、ワゴンリ客車のオリエント急行など王道のラインナップが魅力的です。
・また制御(DCC互換)、カプラー(Lenz互換)など他社との互換も考慮しているようです。
・通過曲線は「S3/6:半径1016mm」「SBBクロコダイル:半径787mm」「ワゴンリ客車:半径1067mm」
※上記は2線式のリアルなフランジの場合。アメリカMTHのカタログにある3線式Oゲージ(ハイフランジ版製品)だと「S3/6は半径686mm(”O-54”=直径54インチ=直径1371mm)」

Brawa :2012年に貨車を出しました。

Kiss Modellbahnen :1番ゲージが有名ですがOゲージも出しています。
・車両はドイツ系の機関車・客車・貨車を製品化。
・通過曲線は「BR01.10:半径800mm」

ETS :チェコのメーカーでちょっと珍しいブリキ製の車両を出している。
・車両のディティールはよく見るとトイっぽいが独特の味がある
・車輪・集電方式はいろいろバリエーション製品が出ており基本の2線式アナログから3線式ACなどから選ぶことになる。
・線路も出している。面白いのが2軸トラムウェイ用の石畳線路でNゲージ並みの半径170mm曲線、ポイントが用意されている。
・通過曲線は「2軸トラムウェイ:半径170(mm)」「小型機関車:半径340(mm)」「大型機関車:半径630(mm)」
・モーターユニットも販売しているので車両を自作するのもあり

【参考情報】
Spur Null Magazin :ドイツのOゲージサイト。製品情報や工作記事など。
metropolitrain :今までのOゲージ製品を出していたメーカーをまとめたサイト(HO主流になる前はLimaやRvarossiからOゲージが出ていました)。
クマタ貿易 :中古・委託の中に、アメリカ・ヨーロッパのOゲージもありLimaやRivarossi製の古いプラ製品を見たことがあります。(なおブラス製の新製品のOゲージ、OJゲージも扱っています)
トラムウェイ :ETSの車両・線路を販売。
O Scale Trains Magazine Online :番外でアメリカのO Scale(1/48)の情報サイト。過去の記事がPDFで読める。
はぐるまや模型店 :番外で3線式Oゲージ専門店。アメリカのLionelなどのトイトレインを主に扱っている。



古いlimaのOゲージ製品の動画を集めたyoutube再生リスト


イベントの様子



Oゲージ紹介番組

« ISSUU(文書共有サービス)における海外の模型関係書籍 | トップページ | レイアウトをいじっているよう »

車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパのOゲージについて:

« ISSUU(文書共有サービス)における海外の模型関係書籍 | トップページ | レイアウトをいじっているよう »

無料ブログはココログ