« 【書籍】EJ12/2012号 & EJ EXTRA2/2012号 | トップページ | 欧州鉄道系の動画チャンネル・リンク »

2012年12月 9日 (日)

模型撮影カメラの決定版?カシオZR1000の全焦点マクロ機能

前回までに絞り優先機能付コンデジを使って、ある程度後ろまでピントがあった鉄道模型写真を撮れるようになったのですが、その後発売されたカシオZR1000に手前から奥までピントがあった写真が撮れる 「全焦点マクロ機能」というのがついているとのこと。高速連写を活かして手前から奥までピントを変えながら複数枚撮ってカメラが合成するというデジカメならではの機能のようです(ちなみに絞り機能はNDフィルタ(被写界深度は変わらない)なので前回の記事の方法では撮影できないタイプ)。
これなら前回記事のような設定をしなくても簡単に全ピントがあった模型撮影ができそうに思われます。
(ただしこの機能を持ってしても動いている対象は難しいと思います。連写している間に移動されて合成に無理が出てくると思われる)。
私は残念ながらCOOLPIX P7100を買ったばかりなので入手は厳しいですが、どなたか手に入れられた場合はぜひ記事にしていただきたいところです。
※このようなメーカー独自機能は一般受けがよければ次世代機種や他メーカーにも採用されますが(例:実写風景をミニチュアのように見せるミニチュアライズ機能)、はたして全焦点マクロ機能が1機種採用だけで終わってしまうのかも気になります。

(追記)EX-ZR1000入手して全焦点マクロの使い具合を記載してます。
焦点合成可能なカメラと模型(静止画)撮影(カシオ、オリンパス)


参考記事
全焦点マクロ
全焦点マクロ搭載のCasio ZR1000
ZR1000の全焦点マクロを試す
拡大レビューでお届け! - 速さ、表現力、撮影スタイル、どれもが新次元の「EXILIM EX-ZR1000」デビュー

関連記事
鉄道模型撮影方法 関連記事まとめ

« 【書籍】EJ12/2012号 & EJ EXTRA2/2012号 | トップページ | 欧州鉄道系の動画チャンネル・リンク »

よろず」カテゴリの記事

模型撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 模型撮影カメラの決定版?カシオZR1000の全焦点マクロ機能:

« 【書籍】EJ12/2012号 & EJ EXTRA2/2012号 | トップページ | 欧州鉄道系の動画チャンネル・リンク »

無料ブログはココログ