« ドイツ荷物車の犬専用入り口 | トップページ | 【軍用列車】欧州鉄道模型におけるミリタリー関連(概況) »

2013年1月26日 (土)

原鉄道模型博物館にいたヨーロッパの鉄道車両紹介

 横浜にできた原鉄道模型博物館に去年行ってきました。原氏の膨大なコレクションの1番ゲージ、Oゲージ、HOゲージの車両が展示または運転(1番のみ)されています。
 ところで展示されている車両はヨーロッパ系の車両が多く、知らない方に少しでも参考になればと思い、勝手ながら博物館にいた欧州車両の簡単な説明を記載します(博物館が基本撮影禁止なので写真は個人所有のHOやZゲージの同型を載せています)。
※2013/11月から撮影可能となっています。

Db0110_3
■DB BR01.10 (西ドイツ) [模型: HOゲージ Marklin製 ]
・ 3シリンダ ・2m動輪の 特急・急行用機関車。
・戦前に流線型蒸気機関車として製造 されたが、戦後は流線型カバーをはずされた形で運用され1970年代まで活躍。
参考1参考2(流線型時代)


Fse626_2
■FS E626 (イタリア) [模型: HOゲージ ROCO製 ]
・戦前に製造されたイタリア国鉄(FS)の貨物用電気機関車。
・90年代まで現役。
・開館特別企画「原信太郎氏の秘宝FS E626展」として展示されていたものは未塗装状態だが実車の塗装はごらんの通り茶色。
参考

Sncf9100
■SNCF 2D2 9100 [模型: HOゲージ ROCO製。 塗装は末期の緑一色 ]
・戦後に製造されたフランス国鉄(SNCF)最後のブフリ式電機機関車。
・当初は急行用として使用されたが新性能機関車の台頭により夜行列車~貨物まで幅広く使用された。
・ちなみに「2D2」とは2従輪+4動輪+2従輪という軸配置を表している(フランスの電機、ディーゼルの場合)
・原博物館ではブフリ式の模型としてSBB(スイス)のAe4/7を使って説明しているが、フランスも当機を含めかなりのブフリ式機関車を製造している。
参考


Sncf232u
■SNCF 232U (フランス) [模型: HOゲージ Lima製 ]
・第二次大戦後に製造された旅客用蒸気機関車(1形式1台のみ)。
・車体横の優雅な曲線で表現された飾り帯やオールバック?のような煙突周りの風洞が特徴。
・ちなみに「232 U」は2従輪+3動輪+2従輪の軸配置のSLで、A,B,C・・・と機種毎にアルファベットが割り当てられ当機は「U」が割り振られている
・原氏のお気に入りなのか第二展示室、パサージュHOゲージ模型、いちばんテツモパークなど色々なところにいました。
参考
・なおオードリーヘップバーン主演のミュージカル映画「パリの恋人(Funny Face,1957年)」にて当機の飾り帯の前でポーズを取るシーンが一瞬あります。 記事 動画(7:30頃)

Ciwl_2
■ワゴンリ(CIWL)社客車 [模型: Zゲージ Marklin製 ]
・日本では「オリエント急行」で使用されている車両として有名。
・ワゴンリ社は寝台車・食堂車の車両・サービスを提供する会社なのでヨーロッパ各国の列車でその車両は使用されていた(全てワゴンリ客車だったり、各国の車両に1両だけワゴンリ客車が混ざっていたり運用は様々)。
・ワゴンリ社は1973年で車両供給を止めたため客車は各国鉄等に分散したが、それらの古い客車を集めて豪華クルーズ列車として運営しているのが現在走っている「オリエント急行」
参考


Drgrhin1_2Drgrhin2_2

Drgrhin3
■ラインゴルト客車(戦前) [模型: HOゲージ liliput製 ]
・戦前のドイツ豪華客車列車。ミトローパというワゴンリ社と同じような寝台車・食堂車・サービスを提供する会社の車両を使用。
・豪華な座席の車両で、料理は座席まで運んでくれた。
・オランダ~ドイツ~スイスを結んでいた。
参考1参考2参考3車内360度パノラマ写真

Drg05
■DRG BR05 (ドイツ) [模型: HOゲージ Marklin製 ]
・戦前に製造された 3シリンダ ・2.3m動輪の流線型蒸気機関車。
・イギリスのマラード号と蒸気機関車スピード世界一を争い最高時速200.4Kmをたたき出した。
・戦後はやはり流線型カバーをはずして使用された。
参考1、参考2

Sncf9003
■SNCF BB9004 (フランス)
[模型: HOゲージ ROCO製。 写真は9004と同型機の9003。塗装は末期の緑一色 ]
・1955年に当時の世界最高速331Kmを出した直流電気機関車。
・記録挑戦の際は前面ガラスに金網をつけて臨んだ。
参考1955年世界記録時の動画

Sbb68
■SBB Be6/8 (スイス) [模型: HOゲージ Marklin製 ]
・クロコダイルの愛称で有名なスイスの電気機関車。ゴッタルド峠用の強力機関車。
・現在も動態保存されている。
参考

Kbay36
■S3/6(王立バイエルン邦有鉄道時代) 、 BR18.4 (ドイツ国有化後)
[模型: HOゲージ ROCO製]
・ドイツ統一前のバイエルン王国時代に製造された4シリンダ急行型蒸気機関車。
・優秀な機関車で戦前のラインゴルト牽引や、戦後も活躍した。
・人気の高い機関車でZゲージ、Nゲージ、HOゲージなど各ゲージで製品化されている。
・色はバイエルン時代は緑色、ドイツ国有化後は黒色に赤の車輪である。模型では濃い青色バージョンがとてもきれいで人気があるがこのカラーは製造時に博覧会に出展したときの特別色である。
参考

Kbay44
■ Gt2x4/4 (王立バイエルン邦有鉄道時代)、BR96 (ドイツ国有化後)
[模型: HOゲージ Marklin製 ]
・バイエルン王国時代に製造されたマレー式 急勾配・貨物用蒸気機関車。
・列車の後補機などとしても使われた映像が残っている。
・色はバイエルン時代は緑色、ドイツ国有化後は黒色に赤の車輪である。黄色バージョンは博覧会出展時の特別色である。
参考

Dbtee
■DB TEE客車 (西ドイツ) [模型: Zゲージ Marklin製 ]
・ドームカーが大変有名なTEE(Trans Europ Express)用客車。ラインゴルト(TEE)などに使用された。
・当初はドームカーをつなげて走っていたが200Km/h化にともないドームカーははずされている。
・なお映画「ヨーロッパ特急」のオープニングで武田鉄矢が1980年代のラインゴルトに乗っている。
参考1TEEラインゴルト参考2参考3参考4参考5車内360度パノラマ写真


もしヨーロッパの鉄道、鉄道模型に興味がわかれましたら幣ブログトップページから
色々リンクしていますのでご参照ください。
<トップページ>ご案内& 直近1週間の 鉄道系TV&お店情報 へ

参考:欧州鉄道模型店
【 原鉄道模型博物館(横浜駅)近辺】
・天賞堂みなとみらい店 原鉄道模型博物館のあるビルの1階
・モデルバーン横浜店 横浜駅の反対側(西側。東急ハンズの近く)の欧州鉄道模型専門店
【その他地域】
欧州鉄道模型店関連情報を参照

*************************************
【関連情報】
ヨーロッパ型鉄道模型を始める際に役立ちそうな情報リンク集

« ドイツ荷物車の犬専用入り口 | トップページ | 【軍用列車】欧州鉄道模型におけるミリタリー関連(概況) »

よろず」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原鉄道模型博物館にいたヨーロッパの鉄道車両紹介:

« ドイツ荷物車の犬専用入り口 | トップページ | 【軍用列車】欧州鉄道模型におけるミリタリー関連(概況) »

無料ブログはココログ