« TTゲージ(1/120 12mm)を始めるにあたり | トップページ | (再)日本のユーザーによる外国型HO製品の紹介レポート動画 »

2014年6月29日 (日)

「USB特撮カメラ」に合う動画撮影方法検討(録画ソフト、ライト)【2】

前回の「USB特撮カメラ」をとりあえず触ってみたところ、動画についてカクカク(動きがぎこちない)、ブレブレ(動きについてこれずブレて残像になり対象物の形が分からない)という感想を持ちましたが、その後の試しで録画するソフトによってだいぶ変わることが分かりました。

<<1.録画ソフトを探す>>

最初に使用したのはWindows8標準のカメラアプリでしたが、室内灯下で撮影録画したファイルプロパティを見ると、フレーム率(フレームレート)が2フレーム/秒つまり1秒間に2枚しか更新しない動画となっておりこれではカクカクブレブレになってしかたないです。
これは、「USB特撮カメラ」の特殊性により普通のwebカメラなどと比べて暗い情報になってるためソフト側でフレームレートを少なくして情報を出力しようとしたためと思います。
カメラから来た情報をどう解析して出力するかはソフトにより異なる※ようなので、フリーウェアをいくつか試してみて「USB特撮カメラ」に合うものを探してみました。
※高性能のカメラ前提できれいな映像優先か、多少映像レベルを落としても動いて見えること優先かなど

試したwebカメラ録画ソフト(Windows)※室内灯化での録画状況確認

1.【×】 windows8 カメラアプリ(Windows8標準)
 上記の通り2フレーム/秒でカメラなり対象物が動くと何か分からない

2.【×】 windows  ムービーメーカー (Microsoft無料)
 動画を編集するソフトで、動画入力の一つとして”webカメラのビデオ”というのがあるが360×240サイズでしか取り込めない

3.【×】 Debut Video Capture(無料)
 カクカクブレブレ具合はWindows8カメラアプリと同等。

4.【×】 amcap(無料)
 カクカクブレブレ具合はWindows8カメラアプリと同等(フレームレート設定変更可能で30フレーム/秒を選択した状態で確認)

5.【△】 CamCapt-Interval Pro(CCI-PRO)(試用ソフトにて確認。有料5000円)
 フレームレートは5~6フレーム/秒ぐらい。試用版の録画サイズは640×480のみ。

6.【○】 LiveCapture3 (無料)
 フレームレートは5~6フレーム/秒ぐらい(フレームレート設定変更可能で30フレーム/秒を選択した状態で確認)。このソフトは監視カメラソフトであり、その中の録画機能を使用。なお録画中はCPU利用率が100%近くなる。

7.【○】 PC画面録画ソフト (”デスクトップバージョン”の試用ソフトにて確認。有料3690円)
 フレームレートは5~6フレーム/秒ぐらい(フレームレート設定変更可能で30フレーム/秒を選択した状態で確認)。このソフトはwindows上の画面操作を録画するソフトであり、おまけ?としてネットワークカメラの録画も可能。試用版だと録画画面右下に試用版の旨のウォーターマークが付く、録画3分の制限あり。

 下2つの「6. LiveCapture3」「7. PC画面録画ソフト」が「USB特撮カメラ」でも比較的動きがよいようです。これらはフレームレートの設定値を変更可能ですが「USB特撮カメラ」ハード側がついてきていないのでたとえ30フレーム/秒に設定しても室内灯下では5~6フレーム/秒が限界のようです。

5~6フレーム/秒だとまだカクカクブレブレ感はぬぐえないので、さらに照明を当ててみることにします。


<<2.照明を当てて撮影>>
前回記載した通り、照明を当てて明るくすることにより、絞りによる情報の暗さをカバーできるとのことで、模型の撮影用ということで熱が少ないLEDライトで「YONGNUO YN300」というのをamazonで購入しました。
これを車両から40cmぐらいの距離で当てて、撮影してみました。
・14~16フレーム/秒になり、スムーズとまでは言えませんが見れる動画になりました(残像はかなりましになり動いていても何ものか判る)。
・なおカメラがCMOSセンサーなので動いている物を撮ると発生する動体歪み現象(こんにゃく現象)で映像が歪んでしまうのは仕方ない。ちなみに上記で【×】となった1.~4.の録画ソフトでも明るくなったのでましな映像になるのですが6.7.と比べると動体歪み現象がより激しかったりします。

以下が実際に撮った動画になります。

実験は以上ですが、この結果を元にもう少し撮り方など考えてみようと思います。
(上記例では手でカメラを動かしてますが、実スケールに換算するとカメラを手持ちで小走りで車両を撮っているようなもので、車両の撮影のカメラワークとしてはあまりよくない例だと思います。実物撮影だって三脚で固定したりしてしっかり撮ったりするわけですし。)

*****************************

鉄道模型撮影方法 関連記事まとめ

« TTゲージ(1/120 12mm)を始めるにあたり | トップページ | (再)日本のユーザーによる外国型HO製品の紹介レポート動画 »

模型撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« TTゲージ(1/120 12mm)を始めるにあたり | トップページ | (再)日本のユーザーによる外国型HO製品の紹介レポート動画 »

無料ブログはココログ