« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月28日 (水)

「週刊C57を作る」のWeb広告の後ろに

ディアゴスティーニの「週刊」シリーズの最新作として「週刊蒸気機関車C57を作る」が2015/1/27創刊ということで、欧州鉄道模型アンテナのWeb広告欄にも広告が表示されたのですが、その画像の背後に日本型SLとは関係が無く当ブログをご覧になる方には分かるイメージが・・・↓

C57_db01

・・・ドイツの01型蒸気機関車ですね。
おそらく戦前のDRG時代の姿で保存しているBR01 118号機。以下はwikipediaより

01118_koenigstein

Webサイトを見るとどうやらマガジン内に世界の蒸気機関車を紹介するコーナーがあるらしい。

なんかBR01の模型が欲しくなってきた。恐るべしステルスマーケティング(いや色々間違っている)。


追記
ディアゴスティーニのページをたどっていったら
鉄道黎明期のロマン再び! 1/24 蒸気機関車 【輸入木製模型キット】1/24 アドラー号、ロケット号なんてのもあった。

2015年1月26日 (月)

エクシールコーポレーションのゲル製品 模型に色々利用できないか

ネットでエクシールコーポレーションというゲル素材を使ったシートや素材を製造販売している会社のページがありました。

エクシールコーポレーションのページ

製品を見てると模型でも有用と思えるものがあったので、将来的なメモとして以下記載。

G1

【クリーン用品】粘着力を使って汚れを取る。粘着力が弱くなったら水洗いで復活。スマホの画面上をコロコロ転がして汚れを取るローラー状の製品と同様の素材と思われる。
リフトマット粘着ゲルマット:ペタペタした粘着力を利用して、リフトや靴を履いた人がマットを踏んで通ると汚れが取れるという製品。
半導電ゲルシート、クリーナーペン、ローラー、ポリッシュゲル:ホコリ取り、ペン、ローラーなどのゴミ・ホコリの転写、除去。
→<想定利用>
不用意に鉄道模型を触ると手の脂(指紋)やほこりがついてしまったりするので、模型を触るまえにこれを手をペタペタ触って脂分やほこりを取る。クリーナーペンとかローラーは、塗装前のほこり取りや、完成車体の汚れた箇所を限定的に掃除する(粘着力が強いとインレタや小部品が持っていかれるかもしれないので扱いは注意か)。

半導体チップ、精密デバイス、搬送ケース(ゲルベース、ゲルベースシート):粘着力を利用して精密部品を保持。
→<想定利用>工作中の小部品や道具などを一時的に保持しておくなどか。


G2

【固定・すべり止め用品】ゲルにより衝撃、振動を吸収
耐震・振動防止シートすべり止め・クッション・仮固定シートコンプレッサー・ブロアユニットの防振家具の足、戸当り、すべり止めのクッション材
→<想定利用>線路の下に敷いて防音できるか。動力車やDCCサウンド機などで変な共振音があるのを防げないか。模型車両を工作・整備する時の車体を置く台などに貼って、接触位置を傷つけないようにする。すべり止めは部品、工具、機器などちょっと傾いたり振動で滑って動いたりしてもらいたくない箇所に使用など。

G3_3

【振動/衝撃吸収ゲル・画面保護用品】
軟質透明・防振ワッシャー、パット
液晶画面保護シート
→上記固定・すべり止め用品と同様


G4

【造形用樹脂・成形モデル】人肌そっくりの柔らかさを表現できる素材
造形用樹脂、人肌®のゲルシート:原液に固定材を混ぜて型に流し込むと人肌の柔らかさをもった造形物ができる。または最初からシート状にした製品。
→<想定利用>これも防音目的や、模型工作用台の接触位置の保護に使えるか。”可塑剤が含まれています。PVC(エンビ)など、軟化させて割れることがあります”とあるので模型の素材によっては長時間接触は危険か。

2015年1月19日 (月)

2015年欧州鉄道模型 新製品情報リンク

毎度の2015年の欧州鉄道模型の新商品リンクです。

ネットショップ2015年新製品情報
Modellbahnshop Sebnitz

lokshop.de

Rivarossi,Arnold,Jouef,Electrotren,Lima

動画Norimberga 2015 Ferrovie.Info

参考:
2012年新商品リンク
Euro-Modelleisenbahn Antenne (欧州鉄道模型アンテナ ユーロサイト版)
カタログの見方

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

無料ブログはココログ