« ダイカスト劣化していた | トップページ | 世界の車窓からドイツ編開始、BS欧州鉄道系番組の減少 など »

2015年5月 6日 (水)

数十年前のダイカストでも大丈夫

前回の記事で欧州のダイカスト製品が結構もろいというイメージを持たれてしまうとあれなんで、大抵の製品はそんなことないよということで、つい最近入手した製品を紹介します。

Homo1

Hamo2

メルクリンのHAMO(昔の2線式製品ブランド)の西ドイツ国鉄 BR44(製品No8347)です。
箱の感じからすると数十年前(1960、70年代?)のものです。上の方はほこりがうっすら積もった感じで掃除する必要はありますが、通電したら豪快な走行音とともに問題なく動作しました。
発煙装置もついていて通電した際に一瞬煙も出たのでこちらも生きているようです。

Hamo3
本体はダイカスト製で、ディティールはその当時のレベルなので多少甘いところもありますが、多少雑に扱ってもびくともしない安定感があります。

Hamo4

Hamo5

ロッド周りはさすがに今と比べると大味な感じ。
また2線式で絶縁する必要があるためなのか? 動輪のロッドを押さえるピンが片側がプラスチックになってます。

Hamo6
キャブ内に鉄板に覆われたモーターがいます。

Hamo7
テンダーはプラスチック製

Hamo8

Hamo9

レタリングはこの当時からすごい細かく、こうやって拡大させないと読めない小ささ

Hamoa
下回りのダイカストについてもこの通り問題なし。

Hamob

メイドイン 西ドイツ。

模型市で数千円で入手できましたが、精密化された最新製品にはない、気兼ねなく触れる車両の安心感っていいなと見直した次第。ただ走行音が大きいのが昨今の家庭環境にはよろしくないのでなんとかできないかというのが今後の課題です。

« ダイカスト劣化していた | トップページ | 世界の車窓からドイツ編開始、BS欧州鉄道系番組の減少 など »

車両」カテゴリの記事

コメント

カゲノ さん

HAMO 製品には、メルクリンに5極化モーターキットは使えるのでしょうか?音が少し静かになるように思えますが。

>5極化モーターキットは使えるのでしょうか?
どうなんでしょうね。皆様のデジタル化で5極化している記事に乗っている車両より古そうな機体ですし、元々2線式のHAMOは作りが違うかも。
昔メルぽっぽさんの運転会記事で、どなたかが昔のメルクリン車両を静かな走行できるように改造されたという記載があったと思うので何かしらノウハウはあるのかもしれません。

カゲノ さん、レスありがとうございます。

 HAMOはご存知のように、HAMO マグネットでメルクリンアナログ3線用交流モーターを直流化しているので、
以下のURLにあるように、直流用の集電部分を外して、シュー(Roco の静粛シューがいい?)を装着して、デコーダを使いデジタル化すればよいのではないでしょうか?車軸の絶縁?は必要ない?

 http://www.marklin-users.net/html/operation/OP3raildc.html

  機関車ではありませんが、銀座4Fで入手したメルクリンターンテーブル#7186のモーター音が
うるさすぎるので、分解清掃等を考えております。付属の説明書には分解の記述はなく、ネットに情報はないので、
試行錯誤ですが。

Thuelingenさん、情報ありがとうございます。読み解いてみます。
そういえばこのBR44も説明書は特についてませんでした。まあ分解は説明書無くても多分できるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数十年前のダイカストでも大丈夫:

« ダイカスト劣化していた | トップページ | 世界の車窓からドイツ編開始、BS欧州鉄道系番組の減少 など »

無料ブログはココログ