« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

[TTゲージ] TEE-Nostalgieexpress

TTゲージ(1/120 12mmゲージ)の車両をぽつぽつと紹介していこうと思います。

Tt_tee01

今回はtillig製のTEE-Nostalgieexpress (基本01613、拡張01656)です。
これはTEE色やタルキス色のEP4頃の塗装を纏ってますが、”ノスタルジー”のキーワードがあり現在(EP6)で保存列車運転を再現した模型となります。
特定の列車編成があるわけではなく色々なイベント時に走った列車のイメージを製品化したようです。
※製品とイメージが近そうな列車映像はこちら。

Tt_tee01_3

まず基本01613セットから。BR103+食堂車+タルキス色の2等客車×2です。

Tt_tee02

Tt_tee03

Tt_tee04

おなじみドイツ鉄道のBR103です。マークはDB時代末期にあった赤色のものになっています。(なおパーツ類はまだつけていません)

Tt_tee05

Tt_tee08

Tt_tee06

Tt_tee07

TEE色の食堂車です。食堂席も作りこまれています。

Tt_tee09

Tt_tee11

Tt_tee10

タルキス色の2等車です。

Tt_tee12

次に拡張01656セットです。TEE色1等車のコンパートメント車と開放座席車1両ずつ、タルキス色2等車です。

Tt_tee13

Tt_tee14

TEE色 1等車(コンパートメント車)

Tt_tee15

Tt_tee16

TEE色 1等車(開放座席車)
なおこれらの一等車のガラスは実物同様に色がついています。

Tt_tee17

Tt_tee18

最後にタルキス色の2等車です。基本セットの車両とは異なり一部の窓が2段窓から1枚固定窓に変わっています。現在(EP6)の更新された姿のようです(先ほどの実物映像にもどちらとも登場していた)。

【参考ページ】
TTゲージ(1/120 12mm)を始めるにあたり
※他ゲージ車両とのサイズ比較を追記しました。

2015年10月24日 (土)

10/24,25第37回日本鉄道模型ショウ2015(蒲田)で の欧州型状況

10/24,25 第37回日本鉄道模型ショウ2015(蒲田) に行ってきました。

欧州型関係では
モデルバーンはサウンド機などHO新品が半額、それ以外にも古いN貨車やZ、日本型Nの中古品も安く売ってました。
メディカルアートは英国型OO、Nや、トーマスはOOからG?まで色々。
入場料1,200円ですが、他にもDCC、工具、レイアウト用品店なども出店しているので明日までなので覗いてみてはいかがでしょう。

※あとモデルバーン東京店は池袋から渋谷に移転(2015/11/21予定)するとのことで2015/10/24から休業とのこと。

2015年10月15日 (木)

イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(1)E431、E432等 三相交流式電機

日本の鉄道車両の知識からすると海外の鉄道車両にはすごい独特の恰好をした車両がいて、それが模型化されていると興味が沸いてしまいます。

FS(イタリア国鉄)にも独自の進化を遂げた魅力的な車両が結構いて、模型入手できたものを紹介します。

第一弾として1970年代まで存在した三相交流方式の路線で働いていた電気機関車です。

ビジュアル的には架線が二本ありそこから集電するパンタグラフが独特な形をしているのが特徴です。
これらの特殊形態な路線の車両も、最近ではプラ製品で模型化されるようになりました。

E431_1
E431(H0 リバロッシ 製番HR2243)です。ロッド式の動輪です。

E431_2
特徴的パンタです。2線の架線から電気を取るためシューが左右で別れています。

E431_3

E431_4

前後で微妙に異なっています。

 

E432_rivarossi_2
その他にもE432型もH0で リバロッシ、ROCOから出ています。

次に実写映像です。


蒸気機関車に混じって中盤ぐらいから。




海岸線を走ってます。途中でTEEの FS ALn 442/448(ディーゼルカー)とすれ違っています。


最初の方に三相交流式電化路線らしき地図が出ていて、フランスとの国境のベンチミリア Ventimigliaあたりから海岸付近の路線やオーストリア国境のブレンネロ. Brennero あたりも三相式だった模様。

あと、これらの三相交流式電気機関車が牽く列車の編成例です。

これを見ると通常電化路線の機関車を回送扱いで重連していたり、上記映像ではFSのローカル車両を牽引しているシーンが多かったですが他国車両が混じった長距離列車を牽いていてもおかしくはなさそう。

E431_5

E431_6

ROCOやRivarossiやA.C.M.Eから出ているエポック3~4あたりの茶色やグレーのイタリア国鉄(FS)客車が一番似合ってそう

************************

関連記事

イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(5)フランコクロスティ式蒸気機関車 Gr.743
イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(4)タービン式蒸気機関車Gr.685 410
イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(3)入替機
イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(2)FIAT製のディーゼルカー等

2015年10月12日 (月)

フレッシュ・ドール(Fleche d' Or )号の実物映像

Fure1

Fure2

戦前・戦後とロンドン-パリ間を結ぶ列車として、フランス側のカレー~パリ間を結んでいたフレッシュ・ドール(Fleche d' Or )号ですがワゴンリ社のプルマン客車を使っていた昼行列車として有名ですね。

それの映像があったので連携します。


Flèche d'Or Calais-Paris in colour, 1949
1949年時のカラー映像です。
※ちなみに対岸のイギリス側のゴールデンアロー号のカラー映像はこちら
Golden Arrow in colour, 1949



Flèche d'or
こちらは白黒映像です。パリを出るシーンではワゴンリ客車以外も連結されています。



Mémoire du port de Calais
こちらも白黒映像。カレーに到着してホームから船に乗り込みます。


1962年のカラー映像。前半はイギリス側、最後の方にカレーの映像あり。ワゴンリ以外にステンレスのINOX客車などもつながってます。


以下は以前中古で入手した旧Rivarossiのフレッシュドール用プルマン客車セット(H0)です。

Fure5_3

Fure7_2

Fure3_2

Fure4_2

Fure6_2

箱の裏面には当時の製品を使って4両ぐらいでいろいろな列車編成を組んだイメージ写真がありました。

2015年10月 4日 (日)

チェコ鉄道最新カラーをまとった車両(H0)

現在(2015/9~11)”世界の車窓から”でチェコ編が放送されていますが、チェコ鉄道(CD)の最新カラー(白地に水色と藍色)の車両が出てきます。
<追記>
このカラーは”Najbrt”デザインというそうで、Najbrt というチェコのデザイナーさんが手がけたものとのこと(Akiraさんの記事wiki)


このカラーを個人的に気に入っており近年のEP5~6の車両は収集を抑えようとしていたのに縛りを破って集めてしまいました。

Cd_1

Cd_4
UIC-Y型の2等客車。(CD)チェコ国鉄 Y/B 70型   Tillig H0(製番74781)
車両はEP4辺りから存在する古い車両ですが最新カラーを纏うとあまり古さを感じません。

Cd_6
UIC-Y型の1/2等客車。 Tillig H0(製番74782)

Cd_5
UIC-Y型の荷物/2等客車。 Tillig H0(製番74783)
なぜかこの車両だけは白地が無く水色が全体に施されて、すぐに荷物車だとわかります。

Cd_7
UIC-Y型の1/2等寝台客車。ROCO H0(製番 64827)
実はこのカラーは一世代前のカラーなのですが藍色パターンは気に入っているので仲間に入れました。

Cd_8_2

Cd_9

UIC-Y型の妻面は屋根がとんがった形です。窓は実物が二段式でアルミサッシが窓の位置を強調しており模型的には見栄えがいいです。


Cd_3
CD 754型ディーゼル機関車 ROCO H0(製番62916)
牽引する機関車もこのカラーを纏っています。

Cd_2
同じくCD 754型ディーゼル機関車 ROCO H0(製番62920)
こちらは、一世代前のカラーですが機関車に関してはこちらの方が好みです。現在もこの系統のカラーは走っているはずなので上記客車を牽いてもおかしくありません。

実物動画

最新カラーの機関車と 新旧カラーの混成


一世代前カラーの機関車と 新カラーで統一された列車や二階建ても含めた列車など

Cd_10

ちなみに二階建ての客車(旧色)はこれですね。CD Bmto型  PIKO H0(製番57683)
いずれ新色版も出るのでしょう。

2015年10月 3日 (土)

モビット CM(station編)に ハンガリー国鉄 M61が

現在公開されている モビットのCM(station編)にハンガリー国鉄(MAV)の M61型ディーゼル機関車が出てます。撮影した駅はこの写真と見比べるとおそらくブダペスト東駅でしょう。

Mobit1

動画【モビット公式】モビットCM_Station篇(WEBver.)60秒

62850_2

このM61型機関車はNOHAB社製の機関車で同型機がデンマークやベルギーにいて模型でも昔からメルクリンやROCO(H0)、KATO(N)からも製品化されています。
さすがにハンガリーでも既に現役引退しているので、映っているのは保存機と思われ塗装も登場時カラーにしている機関車のようです。恐らく撮影のためにチャーターしたのでしょう。

関連
1977年グリコアーモンドチョコCMにフランス国鉄映像
CM ザ・プレミアム・モルツ 『初仕込』篇 にチェコ国鉄機関車
****************

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

無料ブログはココログ