« [TTゲージ] DBAG インターシティ | トップページ | 自転車までレイアウト上を走ります »

2015年11月30日 (月)

[TTゲージ] ロシア方面からの寝台車

以前H0で「ソ連からの寝台車 」を記事にしましたが、TTゲージにも同様にロシア方面から来る寝台車が製品化されてます。
Tt_rzd01

Tt_rzd02

Tt_rzd03部屋側

Tt_rzd04通路側

Tt_rzd05_2

Tt_rzd06

RZD(ロシア鉄道)のWeitstrecken-Schlafwagen TypeY の寝台車です(Tillig製 製番16703)。以前「ソ連からの寝台車」で紹介した緑色のコルゲート付のソ連時代の寝台車と同系列で塗装を赤青に変えて活躍しています。窓にかかったカーテンも拡大して見ると縦の筋を表現していたり中々細かいです。

Tt_rzd07

Tt_rzd08部屋側

Tt_rzd09通路側

Tt_rzd10

Tt_rzd11

L.S.Models製(製番58011 2両セット)です。H0やNでも同型を製品化していますがTTゲージも同様にスーパーディティールです(通路内手すりを金属線で表現・ベッド別パーツ・壁面印刷など)。00年代はこの青-赤色が標準でしたが最近はさらに新塗色(グレー時に赤色のRZD?ロゴ)に変わってきているようです。
L.S.ModelsがTTゲージ車両を発売したのは奇跡?に近く、新金型で車両製品化は二度と無いかもしれません。

Tt_rzd12

Tt_rzd14_2通路側

Tt_rzd13_2部屋側

Tt_rzd15

青地に黄色帯のUZ(ウクライナ鉄道)のWLABmee型寝台車です。ロシアのと同型でこちらもL.S.Moders製です( 製番58022 1両)。

実物映像は以下です。模型ではヨーロッパ側に乗り入れてくる車両が混じった列車編成が参考になります。ベルリン、アムステルダム、パリ、ニースあたりまで来てるようです。

ポーランドを走行するPKP Intercity E370型牽引のEuroNight(夜行列車「Jan Kiepura」)。PKPインターシティカラーの客車に混じって、青赤のRZD(ロシア)寝台車、青に白帯のBC(ベラルーシ)寝台車、Jan Kiepuraロゴのポーランド寝台車、白地に赤のドイツNachtzug用寝台車など。


ベルリン中央駅でのD-Zug。コルゲートがついた古い型の寝台車と新しい型の寝台車両方がついている(青いBC(ベラルーシ)と青赤のRZD(ロシア))。


ベルリン中央駅を発車するドイツ鉄道BR186牽引の夜行列車「Kashtan」。青に白帯BC(ベラルーシ)、赤青のRZD(ロシア)、青に黄帯(ウクライナ)の寝台車編成。



ウィーン西駅での夜行列車の「ショパン(Chopin)」。ウィーンからワルシャワに向けてOeBB(オーストリア), MAV(ハンガリー), CD(チェコ), PKP(ポーランド)の客車の最後に RZD(ロシア)、BC(ベラルーシ)の寝台車がついている。


ブダペスト駅に入る夜行列車「TISZA」。MAV(ハンガリー)の車両の後に、緑色のRZD(ロシア)、青色のUZ(ウクライナ)の寝台車が続く。



ロシア方向に列車が行くには線路幅が異なるのでブレスト駅で台車の付け替えが必要。


カプラーもネジ式連結器からウィリンソン式自動連結器に変更。

関連記事
TTゲージを始めるにあたり
ソ連からの寝台車
2009~2010頃にこの寝台車(RZD)を使用していた列車編成例 (vagonWEB)

« [TTゲージ] DBAG インターシティ | トップページ | 自転車までレイアウト上を走ります »

TTゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [TTゲージ] ロシア方面からの寝台車:

« [TTゲージ] DBAG インターシティ | トップページ | 自転車までレイアウト上を走ります »

無料ブログはココログ