« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月22日 (日)

自分独自のタンポ印刷する手段

ヨーロッパの鉄道模型車両を見ると、虫眼鏡でみないと分からないぐらい小さい字で形式表記などが再現されていてとすごいと感動するのですが、こんな小さい文字どうやって塗装しているんですかね?とお店の人と会話したりすると「タンポ印刷(またはパッド印刷)Tampondruck
」でやっているとのこと。

 

Tampo3

 

Tampo4

HOゲージの表記印刷例。10円玉の厚みより小さい文字で印刷されている

 

Tampo5
ちなみにZゲージだとさらにさらに小さく10円玉の厚さなら5,6行は余裕で印刷できるレベル。もはや普通のデジカメではうまく撮影できず「USB特撮カメラ」で撮影。

メルクリンの作成行程の映像でタンポ印刷している映像がある。茶色のゴム状のパッドを車体に押し付けて印刷している。

 

タンポ印刷(パッド印刷)の説明 デザインを凹状に表した製版にインクをつけて、やわらかいゴム状のパッドに押し付けて凹んだ部分のインクを転写し、さらに対象物にパッドを押し付けて再転写することで印刷。複雑な形状にも印刷可能。
 
自分は改造派ではないのでやったことないですが、もし車両の塗り替えするとこれらの表記は消えてしまい諦めるしかなく、デカールやインレタによる表記など別の手段を取るしかないのですが、もし自分独自でタンポ印刷できたらどうだろう?と探してみたら以下のような会社がありました。
■特殊印刷・パッド印刷 「安心堂

 

・少量ロットから作業を依頼することが可能

・依頼するのではなく、手動式小型パッド印刷「なんでもくん」 、製版用の「ライトボックス」というのも販売しており自宅で製版、タンポ印刷可能

 

なんでもくんの特徴  値段等記載
なんでもくん製版手順  普通のプリンタでデザイン作成→ライトボックスでデザインを製版に当て作成→「なんでもくん」で製版にインク→やわらかいパッドにインク転記→対象物に押しつけ印刷
動画なんでもくん操作 ゴルフボールの表面に印刷
 で、実際に鉄道模型に適用して自宅でやろうとすると、一式揃えるのに10万以上かかるので工作をばりばりやられるような方でないと割に合わないかもしれません。

 

 次に実施するとして、どれだけの小さい文字が可能かというと、最初の製版を作るための元ネタを印刷するプリンタの精度とその元ネタを製版に感光?して凹みを作る精度によると思われ、おそらく上記写真のZゲージレベルはさすがに無理と思われる。
 また車両の狙った位置に転写する技術&根気(トライ&エラー)が必要となってくるはず。
 といったことが想定されますが、”デカールではイマイチ”などこだわりがある場合はまずは少量ロットの依頼をしてみるのもいいかもしれません。(あるいはやわらかいパッドと製版する部分だけ入手してそれ以外の治具などは自前でなんとかできるか)

 

 

2016年5月15日 (日)

関口知宏が行く 鉄道の旅 「イタリア編」全3回シリーズ放送

去年8月以降放送されている関口知宏が行く 鉄道の旅「オランダ編」「ベルギー編」「オーストリア編」「チェコ編」に続く、イタリア編を全3回シリーズで放送するとのこと。

 
NHK BSプレミアム(Ch.3)
イタリア編3回シリーズ 第1回
2016年5月21日(土) 午後7時00分~午後8時29分
追記 イタリア編
第2回 2016年6月11日(土) 午後7時30分~午後8時59分
第3回 2016年7月23日(土) 午後7時30分~午後8時59分
番組HP 関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅

****************
直近1週間の鉄道系TV

2016年5月14日 (土)

イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(2)FIAT製のディーゼルカー等

ディーゼルカーは、初期から中期にかけて自動車メーカーも参入して他の鉄道車両とは趣が異なるデザインの車両が製造されていました(特にフランスとかフランスとか)。
 
イタリア国鉄(FS)についても有名な自動車メーカーが鉄道車両製造に参加していて面白い形状の車両がいて模型化されているので紹介します。
 
■Rivarossi (製番 HR2037) ALn556型ディーゼルカー(2両セット)

Aln556_01

Aln556_02

一つ目の特徴は前面などのデザイン。自動車メーカーで有名な"FIAT"が製造したディーゼルカーとあって当時の自動車デザインの影響をうけたものと思われる独特の丸っこいデザインは、まるで今の”ゆるキャラ”のよう。

Aln556_03

Aln556_05

Aln556_04

Aln556_07

もう一つの特徴はえらい車体断面が小さいこと。同じスケールの車両と比べると本当に同じスケール・同じ軌間?と思ってしまうほど違う。(FSのE444電機と比較)

Aln556_08

正面から見ると、左のE444と比べると高さと幅が全然違う。右の小さいスケールであるTTゲージ(1/120)のBR101の方がサイズ的に近くなってしまうぐらい小さい。

Aln556_09

試しにTTゲージの機関車と客車と並べてみたが挟んでみるとそんなに違和感ない。

追記
こちらの記事を見ると、2両or3両の連接構造にしたATR100、ATS1という車両もあるようです。

Atr100

scalaeNNe  FS ATR 100 e ATS 1
 
■O.S.Kar(製番2012) イタリアの模型メーカーO.S.KarからでたAltn 444 3001 という形式のディーゼルカー(実機はこちらも自動車等を作っているOM(Officine Meccaniche)製)。
Aln 772という通常のディーゼルカー(こちらも製品化済)をベースに中央に展望席を設けたものです。一般の茶色塗装とは異なり黄緑色の派手な塗装です。
 

Altn444_01

Altn444_02

Altn444_03

このディーゼルカーも丸っとした独特の面構え。

Altn444_04

Altn444_05

観光用のためか通常の座席ではなくイタリアらしく凝ったデザインの座席になっている。

Altn444_08

Altn444_06

Altn444_07

展望席もかなり作りこまれています。

参考動画
Littorine イタリアのディーゼルカーの系譜
Recuperate due storiche “Littorine” ALn 556 保存車両の輸送時映像
Come si conduce una ALn 772? 展望車Altn444の元となったAln772の保存機
 
*******************

2016年5月 8日 (日)

【軍用列車】WW2病院列車用車両(1/87)

Tt

第2次大戦時のドイツの病院列車用車両の模型を紹介します。

 病院列車(lazarett zug)は戦場で負傷した自軍兵士を搬送するために自国で用意した列車です。
使用される車両は客車や貨車を改造して、手術室やけが人を収容する簡易ベッドを並べたりしたものです。

Lazarettzug2

外観の特徴として、屋根や車体に大きな赤十字マークがペイントして「けが人を運ぶ専用列車なので攻撃してくれるな」という印を付けています(これは赤十字条約(ジュネーブ条約)で、傷病者及び捕虜の待遇改善のための戦時国際法に則ったものだそうです)。
 
そのため、「病人と一緒にこっそり軍事車両や物資など運んでませんよ」ということを示すために基本的に病院列車は赤十字マークを付けた車両だけで編成されているようです(文章で確認できたわけではないですが、色んな写真などを見るとそんな感じです)。

1917

第1次大戦時の病院列車。赤十字マークのついた車両だけで編成されている。
 
なので模型でも赤十字マークのついた車両だけで編成する必要があるので、こつこつと発売される車両を集めてました。
 
以下すべてHOゲージです。
■ROCO (製番45092)  DRGの2軸貨車です。赤十字マーク以外は特に通常の客車と変わりありません。

Lazarett01

Lazarett02

■HERIS (製番11210) ヘリスから発売されていた病院列車セットです。戦時中の簡易客車を病院列車用に改造した車両×3両と暖房車1両です。塗装はダークグレーに少しだけ緑が混じっている戦時塗装らしい色になっています。

Lazarett03

簡易客車改造車両×3。しかしこの車両、側面に扉が無いからけが人搬送しにくいのでは?

Lazarett04

Lazarett06

暖房車。屋根の真ん中にボイラーの煙突がある。この車両は屋根上に赤十字マークは無い。

Lazarett07

このセットでは側面に各車両毎に違う番号が振られていました。実際の写真でも客車毎に番号を振られたものを見かけます。

■L.S.Models (製番49 140) ワゴンリの寝台車S2を病院列車用に改修されたものです。ワゴンリのマークは取られており恐らくフランス占領時に没収されたものでしょう。

Lazarett08

Lazarett09

Lazarett10

さすがに、車内までは病院列車用に再現できず通常時の豪華寝台の内装のままでした。

■Rivarossi (製番 HR4163) こちらはリバロッシから出たワゴンリ客車改造の病院列車用車両です。こちらは色も緑に変わっています。

Lazarett11

Lazarett12

Lazarett13

リバロッシ版も内装は通常の寝台車のままです。

■liliput (製番 L225323) リリプットから出た貨車改造の病院列車用車両です。

Lazarett14

Lazarett15

Lazarett16

参考動画

何かのイベントでの病院列車の再現
(車両の略称からおそらくオランダの蒸気機関車のミュージアムか団体の映像Zuid Limburgse Stoomtrein Maatschappij

*************

関連記事

【軍用列車】欧州鉄道模型でのミリタリー関連製品の種類

カテゴリ 参考:軍用列車

2016年5月 2日 (月)

Googleストリートビューの鉄道模型レイアウト活用を考える

Googleのストリートビューは世界中の道沿いの風景が見れますが、鉄道模型に活用できないか考えてみました。

1.街並み、雰囲気を観察する

レイアウトに配置することになる建物や道路、信号・標識、看板、柵などは国や地方が違えば形・色・文字など異なります。
よく外国映画に出てくる日本のシーンで「それ日本じゃなくて隣の国の風景!」みたいな違和感を感じる場合がありますが、そういったことを少なくするために現地の画像で雰囲気を参考にします。
 
以下は試しにチェコのプラハ本駅近辺をストリートビューで見たものです。

Photo

電話ボックスはこんな感じ。白い筐体に黒の受話器。

Photo_2

プラハのゴミ収集箱は結構カラフル。

Photo_5

通りに面するお店。ショーウィンドー部分だけなら日本の店でもありうるかもしれませんが、木製の扉などは絶対日本には無い雰囲気ですね。

Photo_3

道路だけでなく、中にはピンポイントで駅構内も見れる場合もある。
プラハ本駅構内は日本とはちょっと違う点字ブロックがあったり

Photo_4

電光行先案内版部分を拡大するとこんな感じ。案内用のマークも描かれてました。

Home

プラハ本駅のホーム端は歩行禁止の標識と斜め状にした側壁と小さな階段という構成でした。
*************
ストリートビュー画像は当然ながら最新の画像に更新されていくので、日本のように古い建物はどんどん壊して新しくしていく文化の場合は、今のうちに昭和の古い街並み・建物・設備を残した地域の画像を保存しておけば将来レイアウトの参考になるかもしれません。
 

2.看板や標識などを画像から切り出しレイアウト素材として利用する
 
kibriやAuhagen、 Busch、Fallerといったレイアウトメーカーから出ている建物キットなどにも看板・標識や窓内側に貼るカーテン・店内イメージなどは付属していたりしますが、内容が自分の思うものと違ったりイラストによる表現が嫌だったりで別のものにしたい場合にストリートビューの画像から素材を切り出してレイアウトに使えるようにします。

Photo_6

例:プラハ本駅近辺にあった道路標識
 
(1)ストリートビューで表示している画面をWindowsとかだとF12キーなどの画面キャプチャ操作でコピーしペイントブラシなどのグラフィックエディタに貼り付け保存します。
今回の画像はこのように斜めの位置から撮影されていたのでこれを真正面からの画像になるように加工します。
 
フォトショップがあればそのあたりのテクニックは公開されています。
 
私はフォトショップは持っていないのでフリーウェアの「PerspectiveImageCorrection」というもので真正面の画像にしました。
 
 
 
 
 
 

Photo_7

(左)元画像、(右)加工後画像

(2)ソフトを起動して左側に元の画像を表示し、真正面にしたい四角部分を右上→左上→左下→右下の順番でクリックします(赤い枠がクリックした結果)。
 
そうすると右側にクリックした四角が平行になった画像が表示されますので保存します。
今回の例だと平行にはなりましたが横方向が短くなっているイメージなので別のエディタで加工します。

2_2

3_2

(左)標識部分を選択しトリミング。(右)トリミングした画像に対し、横幅だけを拡大。

(3)先ほど保存した画像をペイントブラシなどのグラフィックエディタで標識の部分だけ切り出し(トリミング)し、横幅を適正なサイズにします。

 

Photo_8

(4)加工完了した標識の画像。これをスケールに合わせて縮小し、プリンタで紙やデカールに印刷すればレイアウトに配置できる素材になります。

**********

その他、建物で試してみました。

4

(左)道路沿いの建物の壁ですが、車から撮影した画像なので当然ながら見上げた画像になっています。
(右)ソフトで加工すると真正面からの写真としても見れそう。

Photo_9

↓縦方向が短いので伸ばした

C

加工完了した画像です。よく見ると撮影の境目画像で少しずれているところなどありますが印刷すればそれなりに使い道はありそう
・レイアウトの背景画の中の建物画像に使う
・箱型に組んで組み立て式レイアウトの簡易的な建物に使う
・本格的レイアウトの遠景用の小さな建物に使う
など

 

3.レイアウトの背景画の素材としてストリートビューを利用する[追記]
 
レイアウトの背景用に遠景を描いた背景紙は昔からレイアウト用品メーカーから販売されてきましたが、自分のイメージと違うなどの場合に、ストリートビューから探してプリントアウトすれば背景として使うことが考えられます。
 
・レイアウトの背景画は横方向に連続した画像が必要になるがストリートビューは360度連続した画像なので適している
 
・町中の道路からでは背景画になる遠景が見れる箇所は中々無いので、小高い丘や塔などの少し高めの場所から見渡せる箇所を探し背景画となりそうな風景か確認する(東京タワーなどあまりに高い位置からの遠景だとレイアウトの背景としては視点が高すぎるので適していない)
 
例:プラハ本駅から少し離れた”Národní Muzeum”という小高い丘の上に建てられたミュージアムの屋上?からのストリートビュー
 

Takadai

このストリートビューの中央から右側にかけての風景を背景画としてみる。

Photo_2

少しストリートビュー上で拡大して、左側の丘のあたりの画面と

2_2

もう少し右にスクロールした平地部分を画面キャプチャ

3

二枚の画像をペイントブラシなどの画像エディタで境目がうまくつながる感じで結合

4

上下の余分なところをカットして背景画の出来上がり。

実際にレイアウトの背景画として使う場合は、もっとレイアウトと背景画をどのような視角で見るか(Zゲージなら上から俯瞰する視角、HOゲージならもう少し地面側からの視角で空の方向に向けるなど)を検討した上で決める必要があると思いますが、それも何種類かドラフト印刷したもので試行錯誤しながら決めていけばいいと思います。

 


参考1:ヨーロッパのGoogleストリートビュー事情

Photo_10

ヨーロッパのストリートビューを見ようとすると、上記画面のようにドイツ、オーストリアはほぼ見れない地域になっています(一部の都市部のみ存在)。これはドイツ・オーストリアのプライバシー保護意識が高く、ほとんどの地域でストリートビューの撮影許可が出ていないからだそうです。
 
ハンブルクにあるミニチュアワンダーランドの「レイアウトの中」をストリートビューで見れるそうです。

Wannda

ミニチュアワンダーランドのレイアウト内ストリートビュー。マウスで全方向見れる(上に向ければ天井が見える)。真ん中に表示されている矢印を押せば通常のストリートビューのように移動する。
****************
関連記事
360度パノラマ写真投稿サイトの鉄道関連写真 :こちらも360度の画像が見れます(駅構内などもあり)。

2016年5月 1日 (日)

ラインゴルトとオリエント急行とTEEが掲載された本

601602__xl

Legendäre Züge <EditionXL>   Rheingold, Orient-Express, TEE (240頁)
ドイツのアイゼンバーンジャーナルやMIBAと同じ系列のVGBから最近発売された”レジェンドツーク”というタイトルの本、副題がラインゴルトやオリエント急行、TEEと豪華列車の特集本らしく、気になる。

【軍用列車】WW2ドイツ軍軍用車両&運搬貨車(1/87)

入手できた第2次大戦期の軍用列車関係の製品HOゲージ(1/87)を紹介します(フライッシュマンの貨車&軍用車両、アーティテックの軍用車両)。

■FLEISCHMANN (製番523608 HOゲージ) ドイツ(DRG)の2軸無蓋貨車(Flachwagen S14)にトラック(Opel Blitz)と大砲(Feldhaubitze 18)を積んだ製品。

経営統合でROCOのminitank軍用車両を積んだ貨車がフライッシュマンから販売されるようになりました。(フライッシュマンとROCOの製品すみ分けでHOゲージの第2次大戦以前はフライッシュマンブランドで販売)。 minitank系の車両はよく可動します。

Fl523608_01

Fl523608_02

Fl523608_03

Fl523608_05

Fl523608_04

付属品は貨車横に着けるステーと積載物を止める鎖とトラックなどの備品

Fl523608_06

Fl523608_07

Fl523608_08

Fl523608_09

Fl523608_10

Fl523608_11

トラックで牽引するときの形態

Fl523608_12

臨戦態勢時。スコップ上のものを後ろに着け替えて(実際は)地面に差し込んで固定させる。

Fl523608_14

Fl523608_15

上下左右に動きます。

■FLEISCHMANN (製番523609 HOゲージ) DRGの2軸無蓋貨車(Flachwagen S14)に3台のキューベルワーゲン(VW Kübelwagen)を積んだ製品。 

Fl523609_01

Fl523609_02

Fl523609_03

Fl523609_04

Fl523609_05

Fl523609_06

Fl523609_07_2

 

 

■FLEISCHMANN (製番523610 HOゲージ) DRGの2軸無蓋貨車(Flachwagen S14)にハーフトラック(4連高射砲付)を積んだ製品。 

Fl523610_01

Fl523610_02

Fl523610_03

Fl523610_04

付属品として一門の高射砲も付いていて付け替えることができる。

Fl523610_05

Cimg0977

Fl523610_07

Fl523610_08

色々可動します。

■FLEISCHMANN (製番525603 HOゲージ) DRGの2軸無蓋貨車(Rs Stuttgart)2両にハーフトラックと88mm高射砲(88 Flak)を積んだ製品。 

Fl525603_01

Fl525603_02

Fl525603_03

Fl525603_04

Fl525603_05_3

先ほどとは違い座席がついたタイプ

Fl525603_06

Fl525603_07

Fl525603_08

Fl525603_09

Fl525603_10

牽引時形態から

Fl525603_11

タイヤを外し

Fl525603_12

Fl525603_13

Fl525603_14

足を下ろして向きを変えれば臨戦態勢。

Fl525603_15

■Arttec (製番387.73 HOゲージ) アーティテックのレジン製塗装済み完成品。ハーフトラック(Sd.Kfz. 251/1B)の冬季塗装版。 すごく作りこまれています。

Art38773_01

Art38773_02

Art38773_03

Art38773_04

Art38773_06

Art38773_05

■Rivarossi (製番HR6041 HOゲージ) 野戦炊事車(フィールドキッチン)搭載貨車

Ri6041_01

Ri6041_02

Ri6041_03

Ri6041_04

Ri6041_05

Ri6041_06_2

Ri6041_07

*******************

関連記事

【軍用列車】鉄道模型メーカーのミリタリー系製品1(ROCO,FLEISCHMANN)

【軍用列車】<参考:動画>WW2編

【軍用列車】<参考:動画>WW2編(その2)

【軍用列車】ROCO Minitankの扱い復活(2015秋)

カテゴリ 参考:軍用列車

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

無料ブログはココログ