« 関口知宏が行く 鉄道の旅 「ハンガリー編」放送 | トップページ | 関口知宏が行く 鉄道の旅 「クロアチア編」放送 »

2016年9月 9日 (金)

導電性接着剤「ノーソルダー」を使えば小さな電子部品に対する半田付けの恐怖から解放される?

AgIC株式会社、常温硬化する一液式導電性接着剤「ノーソルダー」を販売開始」 という記事がありました。

・今回発売する導電性接着剤「ノーソルダー」は、金属を侵食しないだけでなく、ハンダと違い加熱せずとも常温で硬化するという特長を備えており、ポリエステルフィルムなど、価格は安いもののハンダの熱に耐えられないため電子回路には用いられていなかった素材への適用も見込めます。常温でも約24時間で硬化、また底面を80°Cで加温しながら静置すると、1時間程度で硬化。
・さらに、ハンダと異なり、完全硬化後も柔軟性を失わないという特性も備えているため、繰り返しの曲げ衝撃にも強く、フレキシブルデバイスの可能性を広げます
・0.6ccの導電性接着剤にシリンジやニードルなど必要な道具が全て同梱された「お試しセット」としても販売致します。価格は2,000円(税別)で自社ECサイト (https://agic.stores.jp/) で販売し、Amazonなどでの販売も予定しております。

Nosolder1

 
NゲージやZゲージで極小LEDやDCCデコーダーに配線しようとした場合にすごい小さな部品に対し半田付けをする必要があり、やったことない人からすればやる前から「熱い半田ごてで細かな作業なんてムリ!」と思って諦めているので、もしこの「ノーソルダー」で小さな部品もうまく配線できるなら救世主かも。
 
※また、このAgIC株式会社のホームページを見ると「回路試作インクキット」という家庭用プリンタにインクを注入するだけで回路を専用の回路用紙やフィルムに印刷できるキットというのもあり、こちらも模型車両内の回路を作ったりできるかも。

« 関口知宏が行く 鉄道の旅 「ハンガリー編」放送 | トップページ | 関口知宏が行く 鉄道の旅 「クロアチア編」放送 »

よろず」カテゴリの記事

Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関口知宏が行く 鉄道の旅 「ハンガリー編」放送 | トップページ | 関口知宏が行く 鉄道の旅 「クロアチア編」放送 »

無料ブログはココログ