« 鉄道模型のウェザリング解説本 | トップページ | イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(5)フランコクロスティ式蒸気機関車 Gr.743 »

2017年1月24日 (火)

テンダーを2つ繋げた車両(DB)BR964

BR52やBR42などの蒸気機関車に使用されていたバスタブテンダー(Wannentender)を2つ向かい合わせに繋げ屋根を付けた変わった車両を紹介します。

Tender01

ドイツ国鉄(DB) Hilfs-tankwagen  BR964 
(Liliput H0 製番L230991 時代は1970年代<EP4>)

用途は詳しくは分かりませんが、普段は駅の留置線などに駐留していて、何かあったときに移動できる水タンクとして使用していたようです。

Tender02

Tender03

Tender04

Tender05

ミュンヘン所属のようです。
模型でもレイアウトの側線にポツンと置いてあるといいアクセントになりそうです。
*****************************
参考記事

« 鉄道模型のウェザリング解説本 | トップページ | イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(5)フランコクロスティ式蒸気機関車 Gr.743 »

車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テンダーを2つ繋げた車両(DB)BR964:

« 鉄道模型のウェザリング解説本 | トップページ | イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(5)フランコクロスティ式蒸気機関車 Gr.743 »

無料ブログはココログ