« イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(5)フランコクロスティ式蒸気機関車 Gr.743 | トップページ | ヴィルヘルム2世皇妃専用車両 »

2017年1月30日 (月)

トーマスのヒューゴのモデル ドイツのシーネンツェッペリン

今日、たまたま親戚の子が来ていて17:30からのNHK Eテレのトーマスを一緒に見ていたら「ヒューゴ(Hugo)」という”ツェッペリン型機関車”と名乗る車両が出てきて驚きました(題名「みらいのきかんしゃ」「ヒューゴとひこうせん」)。

Hugo_0
元となったモデルはどうみても第2次大戦前のドイツのシーネンツェッペリン(Schienenzeppelin)もしくはレールツェッペリンと呼ばれている車両です(実物は機関車というよりはレールカーに分類される)。
姿もそっくりで、駅構内やバック時の徐行時にプロペラは回さずにエンジン駆動で走行するなど細かいところも再現していて頑張っているなと思いました。
 
連動してシーネンツェッペリンの模型(メルクリンのH0ゲージ、Zゲージ)を紹介します。

Hugo_01

Hugo_01_1

Hugo_02

Hugo_05

まずH0ゲージの方です(メルクリン製番37777)。
実はH0ゲージの方はフィクションが入っていて実物は2軸なのですが、模型の走行(急カーブ対策など)を優先して台車を履いて4軸になっています。
またこのモデルは何回も製品化されていますが、これは最新版のデジタルサウンド付きです。

(トーマスを見た後に、ヒューゴの模型あるよと言ってプロペラ回転と爆音轟かせて走らせてみせたら親戚の子は喜んでくれました)。

Hugo_03_2

ヒューゴはこの先端部分に顔があるのでちょっとイメージ変わりますが、左右のライト周りや運転席などはそっくりです。

Hugo_04

後ろの形状もそっくりです。シーネンツェッペリン実物はプロペラが2枚のときと4枚のときがありましたが、ヒューゴはこの模型と同じく4枚でした。なおこの模型のプロペラは実際に木を削ってできています。

Hugo_06

ヒューゴの車内シーンもありましたが、斜めの桟も再現されていました。


Hugo_11

Hugo_12

続いてZゲージの方です(メルクリン製番8876)。中古で入手したのですが汚れなのか剥がれなのか不思議な金属感が出ています(本体はプラのはずなのに)。こちらは実物やヒューゴと同じく2軸です。

なおH0もZもプロペラは回りますが、実際に走るのは車輪を駆動して走ります。

Hugo_13

Hugo_14

*****************************

参考記事

wiki シーネンツェッペリン

はやいぞ新幹線、或いはKruckenberg's Schienenzeppelin/ Marklin 3477 
mSDデコーダーとレールツェッペリンその後 / Marklin 3477 & 60945
okadoc さんのメルクリンH0 2枚プロペラ版の紹介記事(動画あり)。

カトーの新製品説明会に行ってきました。おみやげはNゲージのレールツェッペリンです。
もけいや松原さんの記事。HobbyTrain のSchienenzeppelin (製番H2621)のようです。

新幹線ツェッペリン? いわゆるウソ電です。ヒューゴのスカイブルー塗装もウソ電に当たる?

« イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(5)フランコクロスティ式蒸気機関車 Gr.743 | トップページ | ヴィルヘルム2世皇妃専用車両 »

車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トーマスのヒューゴのモデル ドイツのシーネンツェッペリン:

« イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(5)フランコクロスティ式蒸気機関車 Gr.743 | トップページ | ヴィルヘルム2世皇妃専用車両 »

無料ブログはココログ