« 鉄道模型撮影方法の記事のリンクまとめました。 | トップページ | ドイツ旧型電機の牽引相手色々 »

2017年2月11日 (土)

【ギミックのある模型車両】振り子式ディーゼルカー ドイツ国鉄 BR610

鉄道模型車両の中には、ただ走るだけでなくプラスアルファで独自の可動やギミックを搭載しているものもあり、より楽しめるようになっています。

Pendlino_01

Pendlino_03

今回はフライッシュマン(H0)の模型で、振り子式ディーゼルカー ドイツ鉄道(DBAG) BR610 "Pendolino"(製番4415)を紹介します。
※メルクリンH0でもBR610は出ていますがおそらくOEMで同じ車体だと思います。
 
まず実物が振り子式傾斜機能を持っていて、カーブで車体を強制的に傾斜させることで高速通過を可能にしているという特徴があります。
模型でもそれを再現するために、カーブに差し掛かると車体が傾斜するギミックを用意しています。

Pendlino_04

Pendlino_05

このように曲線に入ると車体が傾くようになっています。

Pendlino_02_2

箱にも"PENDOLINO"の文字と車体が傾斜しているイラストが記載されています。
 

Pendlino_06

傾斜する仕組みは、台車から伸びた棒と車体側にそれが入るスリットがあり、このスリットが前に行くにしたがって斜め下方向になっています。これにより車体傾斜を再現します。
この左側から見た写真例だと、以下のようになります。
(1)台車がまっすぐの場合は、棒は水平スリットの位置にある
(2)台車を右側に向ける
(3)棒が斜め下のスリットの方に行く
(4)台車は下方向には動けないので車体の方が上に持ち上がる
(5)持ち上がるのは左側だけなので、車体は右に傾く
傾斜のギミックは動画で見るとこんな仕組みです。
 
 
 
*****************************
参考映像
Neigetriebzug VT 611 in Wehr-Brennet (bei Öflingen)
実物映像。2両+2両編成がカーブで大きく傾斜しながら高速走行している。
ちなみに模型も先頭のダミーカプラーを交換したら2両+2両編成は可能な模様。
 
20100808_HOペンドリーノ.wmv 
NALTAN777さんのHOゲージ動画。カーブで傾斜する様子が分かりやすく撮影されています。
 
Nゲージの動画。FLEISCHMANNはNでもBR610を製品化していて、同じように傾斜機能があるようです。

« 鉄道模型撮影方法の記事のリンクまとめました。 | トップページ | ドイツ旧型電機の牽引相手色々 »

車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鉄道模型撮影方法の記事のリンクまとめました。 | トップページ | ドイツ旧型電機の牽引相手色々 »

無料ブログはココログ