« ドイツ旧型電機の牽引相手色々 | トップページ | レイアウトに流れる川を作る »

2017年2月22日 (水)

デルタ線ならぬ五芒線?

以前の「イタリア国鉄(FS)の奇妙な車両たち(5)フランコクロスティ式蒸気機関車 Gr.743」記事で参考に紹介した実物映像にとんでもないものが映っていた。

Senro2

8:00辺りの映像から。駅の地図左側に記号?見たいに書かれている線があるが、駅の線路につながっているので信じがたいが間違いなく線路だ。

Senro3

そのあとの映像が左→真正面→右にいく蒸気機関車の映像。
これだけで終わっているのでいまいちピンとこないが、どうも「機関車の方向転換をするための線形」らしい。
蒸気機関車の向きを変えたいときは転車台を使って向きを変えるのが一般的だが、その他に三角形の線形(デルタ線)を順に通過していくと最終的に機関車の方向が転換されているという方式がある。
 
今回の映像は、そのデルタ線の3点よりもさらに複雑な5点の線形(勝手に五芒線と言ってしまう)を5回も行ったり来たりして方向転換するらしい。いや~世界は広い。
 
なんでこんなことになっているかを勝手に想像すると、
・何かしらの理由で転車台は作れない
・デルタ線を作るには土地が狭い(これ以上急カーブにはできず、3角形につなぐことができない)
・最小半径カーブでつないでいくと五芒線でつなげられて方向転換が可能となった
といったところか。
 
もしこれを模型でやろうとすると線路がクロスする部分が3か所もあり難易度高そう。

« ドイツ旧型電機の牽引相手色々 | トップページ | レイアウトに流れる川を作る »

映像」カテゴリの記事

コメント

世の中にはとんでもない線路配置があるんですね!
この映像だけだと確証は無いのですがターンテーブルにしなかったのは
全てスプリングポイントになっていて機関手の前後進操作のみで方向転換できるからではないでしょうか。
面白いものを見せてもらいありがとうございました。

スプリングポイントには気づきませんでした。一方向専用であれば確かに誰かがポイントを切り替える必要ありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デルタ線ならぬ五芒線?:

« ドイツ旧型電機の牽引相手色々 | トップページ | レイアウトに流れる川を作る »

無料ブログはココログ