« H0ゲージ車両ケース「コクヨ デスクトレー A4ワイドサイズ」 | トップページ | 【ギミックのある模型車両】レール運搬貨車 »

2018年10月 8日 (月)

1983年とれいん誌 ヨーロッパ型取り扱い店の広告

1983年のとれいん誌の広告を見ていたら、今より欧州型の鉄道模型を扱っている店が多くブログとかで話題に出てきた店名などもあったので羅列してみました。

« H0ゲージ車両ケース「コクヨ デスクトレー A4ワイドサイズ」 | トップページ | 【ギミックのある模型車両】レール運搬貨車 »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

昔訪れた懐かしい模型店がありますね。
私がヨーロッパ型を集め始めたのが1981年だったので1983年ごろはいろいろな模型店に行ってました。
車両を集めるのはもちろんですがネットが無い時代のヨーロッパ型の情報源でした。

アサヒホビーとチムニーが一番多かったです。
1983年当時は海外から直接購入するなんて夢にも思っていなく、チムニーが他より安かったこともあり一番買っていました。
同じ渋谷にあったレオはメルクリン専門なので車両は買いませんでしたがストラクチャーが充実していたのでそれ目当てで寄りました。
そしてストラクチャーと言えば共立工芸ですね。またHOmも充実していたので通った時期があります。

浜松にあるアールクラフトは83年ごろ開店したばかりで飯田線と兼ねて2,3回行きました。
日本ユーロテックは店舗は無かったですがフランジの高いヨーロッパ型を日本製レールで走らせるための交換レールやヨーロッパ型収納箱を製作していました。
ウエストモデルは1回だけ行きましたがアメリカ型SLのパーツがメインだった気がします。

そしてゼロイチも一回だけ行きました。ゼロイチにあったBR01の動輪は今大宮の鉄道博物館のアプローチに展示されていて触れることが出来ますよ。

なんだかとりとめのないコメントになってしまい失礼しました(汗)

うなぎのかばやきさん、こんにちは。
実際に行かれたことがあったのですね。自分は2000年代からのヨーロッパ型参加だったので、行ったことが無い店がほとんどです。
ネットで情報を調べられない時代、お店で初めて見ることができた海外車両をインスピレーションで購入・・・お店に行くのは今より刺激が大きかったのでしょうね。

すみません、先のコメントに一部間違いがありました。
日本ユーロテックが製作販売していたのは交換レールではなく、交換車輪です。
Jouef、Rivarossi用等メーカー別にありました。

訂正情報ありがとうございます。
交換車輪、今でも売ってればヨーロッパ型界隈で需要ありそう。

私は1984年から欧州型HOスケールを本格始動しましたので、大変懐かしく、かつ苦い思い出も蘇りました。
お書きになっている通り、ともかく昔は高額でしたね。
今よりもずっと高いですよ←特に中古は。
あとブログへそのうち書きますが、昔は通っている模型店で志向が決まったように思います。
私の場合は共立が事実上のスタートでしたから、やっぱりそっち方面から入りました。
それからここには挙げられておりませんが、西武池袋店の「しぐなるはうす」には結構品物が残っていましたね。
欧州型は1970年代の終わりに、隆盛期があったんです。
あの頃、朝日通商がLimaを扱っておりましたし、ROCOもツクダが扱ってました。
メルクリンは不二商が大大的に扱っており、地方のデパートでも売ってました。
でもこんな状態はすぐに終わりましたけど。

DB103さんこんにちは。
今のようにネットが無く自分で欧州型情報の入手手段が限られていた時に、どのように欧州型の知識と興味を確保していったのか気になります。
記事を楽しみにしてます。

私が最初に欧州形鉄道模型を買ったのは、日本橋の三越本店でした。1970年頃のことで、私はまだ高校生でした。
百貨店としては欧州形鉄道模型の品揃えが群を抜いており、なかでもオーストリアのリリプット社の製品が良く揃っていました。
私が買ったのは、HOeのツィラータール鉄道の列車セットでした。リリプット製品は比較的安価でしたが、それでも高校生にはこの小さな列車しか買えなかったのでした。

ゆーぼうさんこんにちは。
日本橋三越と聞くとメルクリンと勝手に思っていたのですが
他にも色々扱っていたのですね。
その日本橋三越も去年鉄道模型の取り扱いが終了してしまい
実店舗がどんどん減ってしまうのはさみしいです。

なつかしいお話ですね
銀座の伊東屋には欧州鉄道模型があり、BRAWA BUSCH FALLER VOLLMER
などの珍しいマニアチックな模型を輸入してました。年に1回 フェアーをやっていました。
残念ながら模型部門も船舶部門をのこして閉鎖しました。
欧州ファンはエバーグリーン閉店で入手困難の状況ではないでしょうか
海外サイトチャネルの台頭は実店舗でわくわくかんでみる楽しみを奪ってしまったようです。
渋谷のアサヒホビーも掘り出し物がでるのでたのしみでした
今では都内で行ってみたいと思う店が皆無になり寂しい限りです
また いろいろ 情報を教えてください。

こんにちは。
伊東屋にも模型があったのですね。
自分は海外サイトは利用したことが無いので、
国内で見れるお店があってほしいのですが・・・
新しく見つけたら更新して共有はしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1983年とれいん誌 ヨーロッパ型取り扱い店の広告:

« H0ゲージ車両ケース「コクヨ デスクトレー A4ワイドサイズ」 | トップページ | 【ギミックのある模型車両】レール運搬貨車 »

無料ブログはココログ