« 一万円前後のアクションカメラ+クローズアップレンズで奥までピントがあった鉄道模型動画を撮る(2018) | トップページ | 「Google Earth Studio」を利用した鉄道模型の背景画の作成 »

2018年12月31日 (月)

白いワゴンリ(Rivarossi)

白いボディのワゴンリ LX寝台車(エジプト用)を入手しました。

最近のL.S.Models製では無く、古いリバロッシ製。

白い屋根にウェザリングが施されているのが砂漠を走る雰囲気を出してる。

2pc300303

2pc300304

2pc300306

2pc300307

« 一万円前後のアクションカメラ+クローズアップレンズで奥までピントがあった鉄道模型動画を撮る(2018) | トップページ | 「Google Earth Studio」を利用した鉄道模型の背景画の作成 »

車両」カテゴリの記事

コメント

わー、懐かしい車両ですね。
昔模型店でこの白い車両を見た時は世の中にこんな車両があるのかとビックリしました。
この車両に合うレイアウトを作る人がいたらいいですね。

青いワゴンリの客車の種類の中に、白いやつがいると目立ち待つよね。
ただ、牽引する機関車も不明、これだけのためにエジプトの風景を用意するのは大変と
扱いに困る車両ではありますね。

こんにちは。
私はこのリバロッシ製ワゴンリ客車の青いのを持っています。
牽引する機関車は何がよいのかわからないのですが、同梱されていたサボではオーストリア国内にも乗り入れていたようなので、リリプット製の旧オーストリア国鉄の214形を当てています。
どちらも25年以上も前に購入したものですが、今ではもう入手できないもので、特に214形はオーストリア時代のリリプット最末期の製品ということで、大切にしています。

こんにちは。
OBBの214型とは珍しい機関車をお持ちですね。
独特の形でかっこいいですよね。
天賞堂の中古扱い終了などで、欧州型の昔の製品を探して入手するのは
かなり難しくなったのでうらやましいです。

ありがとうございます。
214形は昔川崎の共立工芸というお店で買ったのですが、それから間もなくリリプット社がバックマン社に吸収されるとは思っていませんでした。結果的に、リリプット社の置き土産というか、ウィーンの残り香みたいな存在になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白いワゴンリ(Rivarossi):

« 一万円前後のアクションカメラ+クローズアップレンズで奥までピントがあった鉄道模型動画を撮る(2018) | トップページ | 「Google Earth Studio」を利用した鉄道模型の背景画の作成 »

無料ブログはココログ