« 2020年10月 | トップページ | 2021年2月 »

2020年12月

2020年12月12日 (土)

Zゲージ OBB 310(タイプ)の作成(食玩改造)その2

前回の続き。


Obb310025

黒の塗装は、アクリジョンの光沢の黒2:つや消しの黒3の割合で混ぜて半艶ぐらいにして塗装。

Obb310022

テンダーは、そのままでは横幅がはまらなかったので、リューターで少し削ってはまるようにしました(写真ははめる前後が逆向きですね)

Obb310023

下回りは加工しない方針でしたが、唯一加工したのがカプラー周り。元々は左のBR18.4の上回りから伸びる柱状のところにカプラーが取り付けられているのですが、これだとOBB310でカプラーが取り付けられないので、右のように下回りのほうに下から真鍮線を伸ばしてカプラーを取り付けるようにしました(プラ板を粘着剤で仮固定)。

BR18.4に戻す場合は、赤の線のところを切り飛ばします(上回りが固定されなくなりますが、粘着剤で仮固定)。

Obb310024

あと、Zゲージあるあるですが、分解した瞬間に油断しているとカプラーとばねが別々に飛んでいって探すはめになるので、カプラーとばねの接点部分に軽く接着剤を付けておきました。

Obb310021

テンダーはOBB310の上回りのほうが長く、そのままだと本体ーテンダー間をつなげようとしても車体がぶつかってつながらないので、引っ掛ける部分の延長部品をプラ板で作り、粘着剤で仮止めしました。


そうして、完成した写真。

Obb310026

Obb310027

Obb310028

ちなみに、食玩で塗装済みであった金とか銀部分は、作業で触っていくうちに徐々に剥げてきた部分もあったので、
4アーティストマーカーの金と銀でタッチアップしました。

Obb310029

Obb310030

前面のシリンダー尻棒2本が踏み台の穴から少し頭を出してる雰囲気を再現。
(なお実物の踏み台の穴は上のほうに空いているのだが、車体を上から被せる方式にしたので下のほうから穴が開いてる)

あとフロントの赤は元のBR18.4のものだが少し剥げて黒が見えている。いつかこれも改修しよう。

Obb310031

キャブ前面に申し訳程度に窓を開けたが、作りの構成上、位置も大きさも実物と違うものに。

あと、手前の2つのタンク(空気溜め?)は食玩の下回りから削ぎ取って粘着。

Obb310032

ちなみにキャブの左右で前面のでっぱりが違うので作り分けた(数枚上の写真で右側のキャブを見ると前面部分が出っ張っている)

Obb310033

後ろから見るとキャブがハの字状になってしまっている。反省。

Obb310035

Obb310034

H0ゲージのOBB310(ROCO製)と並べて。

軸配置やテンダーの形が違うのがよくわかります。

ちなみに下回りの赤色ですが、ドイツ併合時代(BR16と形式改名したころ)の模型を見ると赤色になっていた時期もあるようです。

 


Obb310018

Obb310_012

最後に、オリエント急行を牽いているイメージで。

元となった「Furutaの世界SL紀行」食玩は、ネットでも探せばまだ見かける機会はあるようなので、他機種含めて手に入れて加工してみてはどうでしょうか。

2020年12月 7日 (月)

Zゲージ OBB 310(タイプ)の作成(食玩改造)その1

きっかけは数年前に中古屋にぶら下がっていた食玩の中にこれがいて、

「ん?この大きさは!」と思って数百円だったのでダメ元で購入したものです。

Obb310001

Obb310002

Furutaの世界SL紀行」という食玩の1両でオーストリア国鉄(OBB)の310蒸気機関車です。

裏面にはこのシリーズ他の車両が載っていますが、縮尺はばらばらのようです。

ネットで調べてみると2004年販売ということで15年以上前のものです。

 

Obb310020

オーストリア国鉄の310蒸気機関車はこちらのサイトにもあるようにオリエント急行を牽いた実績もある主力機関車です。

※今週再放送される以下の番組でも一瞬紹介されてます。

BS世界のドキュメンタリー「オリエント急行 -夢の豪華列車を走らせた男-」[二][字][再]
2020/12/11 (金) 0:00 ~ 0:44 (44分) 
NHK BS1(Ch.1)


Obb310005

Obb310006

Obb310007

説明には縮尺「約1/180」と書いてありましたが
メルクリンZゲージ(1/220)のBR01、BR18.4と並べてみるとそこまで違和感無し。

Obb310003

Obb310004

さらに構造は、「ボイラー」と「ランボード以下の下回り」が分かれる構成で、Zゲージ走行化するにはやりやすそうでした。

というざっくりとしたイメージはできたのですが、そこから数年間ほったらかし。


以前も書いた通り、手を付けても途中で止まってしまうことが多くこのままではいけないということで

Baden谷9さんの「Osaka Z Day 2020 オンライン」の開催までに作るという目標・期限を設けて完成させること優先で工作しました。

・食玩の上回りボイラー部分は丸々利用。下回りは2-6-4というZゲージでは珍しい軸配置であるため、既存車両の下回り利用を最優先しこの軸配置は諦めた(よってこの時点でOBB310に似せた”タイプ”扱い)

・下回りは上記比較写真にもあったBR18.4を利用(軸配置4-6-2)。OBB310のボイラーの中を削れば動力装置がすっぽり入りそうなこと。OBB310と同じ4気筒機であり、前面に内側のシリンダー尻棒が2本出ているのが表現されているのでこれを利用できること。
下回りは手を加えず、いつでもBR18.4に戻せる状態にする(つまりOBB310,BR18.4兼用とする)。

・キャブは、食玩のは分厚く、モーター部分に被せるのは無理なので、プラ板で自作(モーターのサイズに現物合わせなので実物より大きめ)。

・前面の踏み台やキャブ~火室の下回りは薄い板で強度が必要なので真鍮板使用。

・テンダーは、本来のOBB310はすごい特徴的な形をしているが、食玩のは箱状に近く似ていない。が、とりあえず完成させるためにそのまま利用し、BR18.4のテンダー下回りがはまるように加工する。

といった方針で工作しました。

 

 

Obb310008

下回りが入るように、リューターでボイラー内部の余分なでっぱりを削り、さらに横幅も削って拡張。

Obb310009

Obb310010

0.5㎜のプラ板でランボードキャブ側面を作成。

なお、食玩のボイラーとプラ板の接着は、食玩側が接着しにくい材質なのか最初普通の瞬間接着剤やエポキシ接着剤で付けてみましたが、ちょっと力を加えただけでペリペリとはがれてしまいました。

そこで以前ツイッターで見て、参考メモしていたセメダインの瞬間接着剤「3000ゼリー状」を試したところ無事接着できました。以降、真鍮板の接着含め多用しました。

 

Obb310011

Obb310012

Obb310013

さらに前面の踏み台、キャブ下回りを0.2真鍮板でつくりプラ板に貼り付け、キャブ屋根を0.2プラ板に曲げ癖をつけて接着。

 

Obb310014

Obb310015

Obb310016

下回りに仮に乗せてみるとこんな感じ。実際は、部品を付ける度に下回りを現物合わせではまるか確かめながら工作。


 

次回に続く

2020年12月 6日 (日)

なんとか間に合った->間に合わなかった

既に1日目が終わってしまいましたが

Baden谷九さんの「Osaka Z Day 2020 オンライン」(12/5、6)目指して、

作成していたZゲージ車両がなんとかできました。

というか塗装してまだ乾燥しきっていませんが、なんとか見れる状態になったので

写真を撮って登録申請しました。


ものはオーストリアのSL(タイプ)です。

12/6までの開催なので下記リンクの【私のZゲージ イチ押し車両による集合写真】で見てください。

Osaka Z Day 2020 オンライン

https://www.baden-tani9.com

 

※追記 登録の仕方をミスったのか、期限切れかで掲載されなかったので、写真張っておきます。

OBB 310(タイプ)です。工作記事はまた別途挙げたいと思います。

Obb310_012

« 2020年10月 | トップページ | 2021年2月 »

無料ブログはココログ