« Zゲージ OBB 310(タイプ)の作成(食玩改造)その1 | トップページ | バーチャルな2021新商品紹介(HornbyグループのRivarossi、Jouef、Arnold、Electrotren) »

2020年12月12日 (土)

Zゲージ OBB 310(タイプ)の作成(食玩改造)その2

前回の続き。


Obb310025

黒の塗装は、アクリジョンの光沢の黒2:つや消しの黒3の割合で混ぜて半艶ぐらいにして塗装。

Obb310022

テンダーは、そのままでは横幅がはまらなかったので、リューターで少し削ってはまるようにしました(写真ははめる前後が逆向きですね)

Obb310023

下回りは加工しない方針でしたが、唯一加工したのがカプラー周り。元々は左のBR18.4の上回りから伸びる柱状のところにカプラーが取り付けられているのですが、これだとOBB310でカプラーが取り付けられないので、右のように下回りのほうに下から真鍮線を伸ばしてカプラーを取り付けるようにしました(プラ板を粘着剤で仮固定)。

BR18.4に戻す場合は、赤の線のところを切り飛ばします(上回りが固定されなくなりますが、粘着剤で仮固定)。

Obb310024

あと、Zゲージあるあるですが、分解した瞬間に油断しているとカプラーとばねが別々に飛んでいって探すはめになるので、カプラーとばねの接点部分に軽く接着剤を付けておきました。

Obb310021

テンダーはOBB310の上回りのほうが長く、そのままだと本体ーテンダー間をつなげようとしても車体がぶつかってつながらないので、引っ掛ける部分の延長部品をプラ板で作り、粘着剤で仮止めしました。


そうして、完成した写真。

Obb310026

Obb310027

Obb310028

ちなみに、食玩で塗装済みであった金とか銀部分は、作業で触っていくうちに徐々に剥げてきた部分もあったので、
4アーティストマーカーの金と銀でタッチアップしました。

Obb310029

Obb310030

前面のシリンダー尻棒2本が踏み台の穴から少し頭を出してる雰囲気を再現。
(なお実物の踏み台の穴は上のほうに空いているのだが、車体を上から被せる方式にしたので下のほうから穴が開いてる)

あとフロントの赤は元のBR18.4のものだが少し剥げて黒が見えている。いつかこれも改修しよう。

Obb310031

キャブ前面に申し訳程度に窓を開けたが、作りの構成上、位置も大きさも実物と違うものに。

あと、手前の2つのタンク(空気溜め?)は食玩の下回りから削ぎ取って粘着。

Obb310032

ちなみにキャブの左右で前面のでっぱりが違うので作り分けた(数枚上の写真で右側のキャブを見ると前面部分が出っ張っている)

Obb310033

後ろから見るとキャブがハの字状になってしまっている。反省。

Obb310035

Obb310034

H0ゲージのOBB310(ROCO製)と並べて。

軸配置やテンダーの形が違うのがよくわかります。

ちなみに下回りの赤色ですが、ドイツ併合時代(BR16と形式改名したころ)の模型を見ると赤色になっていた時期もあるようです。

 


Obb310018

Obb310_012

最後に、オリエント急行を牽いているイメージで。

元となった「Furutaの世界SL紀行」食玩は、ネットでも探せばまだ見かける機会はあるようなので、他機種含めて手に入れて加工してみてはどうでしょうか。

« Zゲージ OBB 310(タイプ)の作成(食玩改造)その1 | トップページ | バーチャルな2021新商品紹介(HornbyグループのRivarossi、Jouef、Arnold、Electrotren) »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Zゲージ OBB 310(タイプ)の作成(食玩改造)その1 | トップページ | バーチャルな2021新商品紹介(HornbyグループのRivarossi、Jouef、Arnold、Electrotren) »

無料ブログはココログ