よろず

2020年3月29日 (日)

<トップページ>ご案内&鉄道系TV&お店情報

■「欧州鉄道模型アンテナ」 ヨーロッパの鉄道模型に関する皆様のサイトの最新更新情報をお伝えします。
 ・「欧州鉄道模型アンテナ  日本語サイトが対象
 ・「Euro-Modelleisenbahn Antenne ヨーロッパサイトが対象

欧州鉄道模型店関連情報首都圏店舗一覧 、イベント等 詳細はリンク先をご参照願います。
<20/3/29更新>

西山洋書 在庫処分セール 70%OFF (神戸店閉店 本店もセール中)
~延長 神戸店4/20 本店5/10

■直近1週間の鉄道系TV(BSデジタル)

→キーワード検索【鉄道、列車、SL、電車、特急、模型
 その中で気になる番組<20/3/29更新> 

空からクルージング特別編「スイス・氷河特急の旅」
 4/2 (木) 4:00 ~ 4:20 (20分) NHK BS1(Ch.1)
ヨーロッパ トラムの旅「イタリア ローマ」
 4/4 (土) 3:00 ~ 4:00 (60分) NHK BS1(Ch.1)
ヨーロッパ トラムの旅「オーストリア ウィーン」
 4/5 (日) 2:00 ~ 3:00 (60分) NHK BS1(Ch.1)
<土曜深夜スペシャル>『鉄道伝説一挙放送SP』
 4/5 (日) 3:00 ~ 4:55 (115分) BSフジ(Ch.8)



■直近1週間の鉄道系TV(地デジ)

→キーワード検索【鉄道、列車、SL、電車、特急、模型※ご自宅の地域に合わせてから見てください
その中で気になる番組(参考で東京)<20/3/29更新>




■参考情報:「欧州列車編成

ヨーロッパ型鉄道模型を始める際に役立ちそうな情報リンク集

参考情報メモ 模型ツール等「1」、「2」、「3」 模型技法「1」、「2

2020年1月 2日 (木)

2020年あけましておめでとうございます。/欧州鉄道模型アンテナをメンテしました。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

欧州鉄道模型アンテナ」ですが、しばらくメンテできていなかったので以下実施しました。

・Yahooのブログサービス停止に伴う皆様のブログ閉鎖 のリンク削除

  →そのまま更新を止められた方、今までの貴重な情報の消失が残念です。

・gooブログの更新状態ががなぜかはてなアンテナ機能で検知できなくなっていたので、ヘッダ部の【検知不可だが更新有り】にリンク

・その他、うまく更新検知できてなかったサイトのメンテ、閉鎖されたサイトの削除


2011年から開始したサイトですが、今の一覧や一番下の更新頻度が低くなって退避したサイト群を見ると、
詳細な素晴らしい記事を書かれていた方でもピタッと更新が止まってしまったり、逆に新たに欧州鉄道模型を始められた方もいたり
人の入れ替わりが結構あります。

まあ趣味なので、その人の中で何かしらがコンプリートしたり、キリがないと思ったり、何かしらの区切り※があるとその趣味への熱量が冷めて別の趣味に移ってブログの更新も止まってしまうのは仕方ないところです。

※特定の車両を集めきった、レイアウト・車両作成工程が完了した、収納スペースが満杯など

(そういう自分自身も一言では欧州鉄道模型趣味を続けてますといいつつ、過去を振り返ると「欧州鉄道の乗った日本語古書を収集」したり、「軍用列車の情報・模型を収集」したり、「欧州列車の編成情報を収集」したり、「模型の撮影方法をいろいろ試したり」、「いろんなアイデアを試してみたり」その時々で興味が湧いたものを広く浅くやっている感じです。)


欧州鉄道模型アンテナ」は、
まず自分が欧州鉄道模型を楽しむ方の記事・情報が見たい、
その記事をみんなに知ってもらいたい、
その作者のブログ・サイトを応援したい、
またできれば欧州鉄道模型を趣味にする人が増えてほしい

という考えで始めまてますが、

「人の意思を正論や強制で変えることはできない、人が変わるのはその人の心の内側から変えたいと思ったときだけ」

というのを見たことがあるので、誰かが欧州鉄道模型に興味をもったときに、必要な情報にたどり着きやすいようにすることに専念して今後もやっていきたいです。

※新たに欧州鉄道模型のサイト・ブログを作ったとかあれば、当ブログのトップページのコメントにでも連絡ください。

2019年9月16日 (月)

オリンパスのカメラ機能紹介にドイツの鉄道映像

オリンパスのフラッグシップ機OM-D E-M1Xの紹介ページで、鉄道認識AF(インテリジェント被写体認識AF)という鉄道車両を認識してフォーカスが追従してくれる機能の紹介ページがありますが、そこに出てくる映像がドイツの鉄道で、何種類か出てきてますね。
(この機能は模型でも追従してくれるのだろうか?)

OM-D E-M1X 開発者が語る鉄道認識AF(インテリジェント被写体認識AF)

Ooo

2019年1月 4日 (金)

ガルパンのプルバックタンクをHO貨車に搭載

ちょっとした試しですが、エフトイズの食玩で「ガルパンプルバックタンクVol2.5」というのが売っていたので一つ買ってみました。

デフォルメプルバック戦車というもので、アニメに出てくる第2次大戦の戦車をデフォルメしたものです。(海洋堂の「ワールドタンクデフォルメ」というのにプルバック機構を入れたものらしい)
 
大きさ的に、HOの貨車に載るかな?と思って載せたら見事に乗りました。

G3

G4

G1

G5

 
動画も撮ってみました。
デフォルメされていますが、おもちゃ系の甘いディティールではなく、海洋堂のしっかりした表現がされているので、HOの人形をそばにたたせてもあまり違和感はありません。
 
HOスケールの戦車を集めようとすると、ちょっと気合を入れて探す必要があるので気軽に貨車に載せるためということであればデフォルメ戦車でもありかなと思います。
***************************
【軍用列車】番外編 アニメ「ガールズ&パンツァー」での戦車鉄道輸送
カテゴリ:参考:軍用列車
 

2018年7月 1日 (日)

ワールドカップ2018優勝国の鉄道模型を買うとしたら

うなぎのかばやきさんのブログへのコメントを書いていた時に、
「昔2006年ワールドカップの時に決勝戦のフランス対イタリアの勝った方の国の鉄道模型をゲットするということをした」
というのを思い出しました(そのときは勝ったイタリア車両を購入)。
今回の2018ワールドカップで、もし同じことをしたらどうなるかを現時点(決勝トーナメント開始)の国で見てみると
「決勝トーナメントに進出かつヨーロッパ圏の国」に対し、その国の鉄道模型の(日本での)入手レベルは
 
入手可:フランス(SNCF)、スペイン(RENFE)、デンマーク(DSB)、ベルギー(SNCB)、スウェーデン(SJ)、スイス(SBB)、イングランド(BR)
入手難:ポルトガル(CP)、ロシア(RZD)、クロアチア(HZ)
※カッコ内は国鉄もしくはそれに準ずる鉄道の略名
 
といったところでしょうか。
 
欧州鉄道模型の大御所ドイツが予選敗退したため、全体的に難易度が上がってます。
HOゲージはまだしも、Nゲージはなかなか大変では。
ROCOとかメルクリンとか日本で入手しやすいメーカーが作ってくれてればまだチャンスはありますが、地元国のマイナーメーカーしか出していない、そもそも模型化がほとんどされていないとかだと厳しい。
 
 
ちなみに、上記の国について自分が持ってる・持ってた鉄道模型を思い出してみると
 
持ってた:フランス、スペイン、デンマーク、ベルギー、スイス
      ポルトガル(本線は無いがリスボントラム)、ロシア(ソ連時代含む)
持ってない:スウェーデン、イングランド、クロアチア
 
 ・・・結構手を出してますね。皆さんはどうでしょうか?

などなど思っているうちに7/1時点で入手難国の一つポルトガルが脱落。果たしてどこが優勝するのでしょうか(そもそも欧州国が優勝するとも限らないし)。
 

2018年6月 9日 (土)

南武鉄道の本

地元のJR南武線は、東京中心部へは向かわず川崎-立川間の首都圏周辺部を横断する鉄道の一つで、まぁ地味なんですが鉄道趣味的にはごくたまにネタが出てきたりします。

(いつも見ている欧州鉄道系ブログでもたまに南武線ネタがでてくるとおぉとなってしまいます)
先日、本屋に行ったらこんな本があったので買ってしまいました。

Nanb1

 
戦前の南武線がまだ南武鉄道という私鉄だったころの車両なので、当然ながら現物を見たわけではないですが(自分が知っている南武線は国鉄103系のお下がり4色混成編成が走ってたりEF15貨物輸送末期あたりくらいから)、
元南武鉄道の車両が戦後に地方私鉄に払い下げられたことなどは何となく知っていたので具体的な内容を知ることができました。
 
下に映っている車両は、本を見た後に確か鉄コレで出てたよな・・・、というのでゲットした元南武鉄道モハ100型のNゲージです。

Nanb2

まあ人気の車両ではないので、中古屋のばら売りエリアから各数百円で確保しました。
オレンジ色のが総武流山電鉄のもので、茶色・クリームのはフリーだそうです。
本と見比べると3次型をモデルにしているらしい。
勢いで買ってしまったがこれからどうするか・・・。

2018年5月 6日 (日)

水野良太郎氏のROCO-LINEに関する記事

最近、皆様のブログでヨーロッパの鉄道模型メーカーのROCOが、以前発売していたHO道床付き線路「ROCO-LINE」を「H0 Roco-Line m. Bettung」という新しい名前で販売再開したという記事を見させていただきました。

Rocoレールレビュー」Nardiさんのブログ
HOヤード制作1」JR浜松 さんのブログ
Happy Railwayの線路、ROCO-LINEのこと(追1)」うなぎのかばやきさんのブログ
 
自分では持っていないのですが、ROCO-LINEには憧れはありました。
というのも水野良太郎氏が鉄道模型誌のコラムで、度々ROCO-LINEを使って小さなスペースでHOゲージを走らそうという提案記事が登場していたからです。

「鉄道模型趣味」誌 水野良太郎のレイアウト・ワールド
ROCO-LINEの最小半径358mmでHOゲージでどんなレイアウトを組めるか、どんな車両が走らせられるか、レイアウトの想像イラストなど。
欧州型はもちろんOKで、旧RivalossiのビックボーイやKATOの旧EF58も走れた等。

08_2

09_2

01_2


「RM MODELS」誌 他事多事絵日記
ROCO-LINEでダブルクロッシングを組んで、「幅15cmで」「フィーダーは一か所で」「スプリングポイントで切り替え操作不要で全レール部分走行」の説明図に”いいなぁ”と思いました。

07


上記以外にもROCO-LINEが出てくる記事はありますが、氏の「(小さなスペースでも)まずは走らせることが重要」というコンセプトにあったレールだったのでしょう。
(KATOのUNITRACKはまだ最小半径R370を出していなかったし、カーブポイントなど未だにKATOには無いアイテムもROCO-LINEには存在しており、レイアウト配置の自由度が大きい)。
 
水野氏は90年代くらいは「鉄道模型趣味」誌で、2000年代頃から「RM MODELS」誌でコラムを書いていて、古本屋で面白い記事が載っていたら集めてます。興味があったら探してみてください。
 

2018年3月21日 (水)

びわ湖温泉紅葉パラダイスのワゴンリ客車現存

取り急ぎ。

以前「オリエント急行とともに日本に来ていたオーストリア国鉄(OBB)BR52」という記事の参考記事として、
びわ湖温泉紅葉パラダイスで列車ホテルとして使われていたワゴンリの寝台車のその後を調べているtwitter記事をリンクさせていただいてましたが、
置かれていた場所には既に存在せず解体されたものと思われました。

しかし別の方が最新のツイートで草むらに埋もれたワゴンリ客車の写真を公開されています。
これが現在の写真なのか過去の写真なのか記事だけだとわからないので続報希望。
まだ現存していたとしたらビックニュース!
→その後のコメント等を見ると実在するようです。

続報レストランカーの内部

Photo

2

2019/3/10追記 別のツイートで上空からの写真がありましたが車体は真ん中から切断して半分の長さになっているようです。あぁ。

2018年2月22日 (木)

読売新聞にBR194個人所有&運転士のバーバラ女史の記事が

以前、2013年ごろに「BR194 178号機(タルキス保存機)は個人所有?しかも女性?」という記事で、ドイツでBR194電気機関車を個人所有しドイツ鉄道上を運転しているバーバラさんという人がいるのを紹介しました。

 
その人の紹介記事が、2018/2/19の読売新聞に掲載されたというのをtwitterで知りました。

この記事やtwitterで色々分かりました。
・ドイツの鉄道は上下分離しているので、バーバラさんは個人で運行会社を設立しBR194を使って貨物輸送を請け負っている。
・BR194は2013年頃はいわゆる青いタルキス色だったが、今は標準的な緑色にしている。
 
 twitterの伸びを見ると日本でも反響あったようです。
 
2006年頃
 
緑色から青色に変更した際の映像
 
2013年頃
 
2017年

2017年11月 6日 (月)

「オリエント急行殺人事件の撮影シーン」の車両と人形セット(LEMKE)

Lo1

LEMKEのサイトを見たところ、映画「オリエント急行殺人事件」の撮影現場をイメージした、車両1両(LsModels HOゲージ)とフィギア10人分(Noch)のセットを販売するようです。

CIWL Salon-Wagen "MIOE Filmset" mit 10 Figuren, Ep.II
Art.Nr.: LC99100 154,90 € 250個限定

- 1x H0 CIWL Salon-Wagen Ep.II (LS Models)
- 2x Figurenset 10 tlg. (Noch/LC)

フェイスブックの方を見ると12月頃発売のよう。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ